時短勤務の転職活動の厳しさは?実現できる?そのポイントは

時短勤務の転職活動の厳しさは?実現できる?そのポイントは

育児や介護などプライベートとの両立のために、所定労働時間を6時間以内として契約する「時短勤務」があります。

利用したい人にとって大切な制度ですが、時短勤務を希望しながら転職したいと考えている人が転職活動を成功させるのは簡単ではありません。

今回は、時短勤務での転職の厳しさについて向き合いながら、どのように対策していくべきか、他にプライベートと両立できる方法はないのかについてお伝えします。

目次

時短勤務とは?

時短勤務とは、育児や介護などの理由でプライベートの時間を確保するために、所定労働時間を6時間以内として契約する制度のことです。

「育児・介護休業法」に則って育児や介護のために働く人から要望があれば、企業側は措置を講じなければなりません。詳細の規定はさまざまありますが、さらに各企業の就業規則によって申請フローや申請内容が異なることもあります。

実現可能?時短勤務の転職、厳しさは

転職後すぐに時短勤務を開始したいと考えている人や、時短勤務を前提に転職活動をする人は、フルタイムで働ける人に比べると採用のハードルが高くなります。

企業次第な部分があり簡単ではありませんが、上記の時短勤務の条件に当てはまり、会社が時短勤務の社員を受け入れている場合は可能性はあります。

ただし、就業規則で「雇用期間1年未満は対象外」としているところも少なくないので、とくに転職後すぐの時短勤務は厳しい側面が大きいのも事実でしょう。

時短勤務にもデメリットはある

育児や介護の理由で時短勤務を希望する人にとって最適な手段であることは事実ですが、時短勤務で働く場合は重要なポジションを任せてもらうことが難しく、着実にキャリアアップを望んでいる人には不利になることもあります。

さらに収入面においても、フルタイムで働く人よりは収入が少なくなる傾向があり、デメリットとも捉えられる部分があることも知っておく必要があります。

時短勤務を成功させるためには

厳しい条件であっても転職して時短勤務を成功させたいという人は以下のようなポイントを押さえてみてください。

会社に貢献できるアピールポイントを持つ

会社に欲しい人材であると判断してもらえるスキルや技術を持っていると有利です。

自身が持つ能力を知ってもらうためにも、履歴書は納得のいくまで作り込み、面接対策も万全に行いましょう。どんな能力を持っているのか伝え、さらにどのようにして身につけたのか実際にその能力が発揮された場面や、今後会社で期待できる貢献などさまざまな角度から説明できると自信を持って面接にも挑むことができるはずです。

時短勤務を踏まえたキャリアプランを明確にする

時短勤務を希望していても、自分のキャリアプランは明確にしておくと良いでしょう。たしかに重要なポジションに就くハードルは高いですが、時短勤務の中でもどんなことに挑戦したいか、どのような側面から会社に貢献したいか伝えられるようにしましょう。

「時短勤務したい!」ことが一番のアピールになってしまうと、企業側も採用後の勤務イメージを持てません。

隠さずに面接時に伝えて、相談する

転職後に時短勤務を希望している場合は、その旨を面接時には伝えるようにしましょう。採用が決まってから、急に時短勤務について持ちかけるとトラブルになることも考えられます。時短勤務での転職が厳しいからといって隠すことのないようにしましょう。

まずは最初から希望を伝えて、そのうえで採用面接の対策などを立てることが重要です。

時短勤務以外にもある色々な働き方

働く人本人の事情や希望にもよりますが、時短勤務以外にも働く時間が調整できたり、融通を利かせて働いたりすることができる制度もあります。

時間の調整ができるのは時短勤務だけではありませんので、プライベートとの両立において他の方法を探ってみるのも良いかもしれません。

たとえば、フレックス制度を導入している会社であれば、自由に勤務時間を選ぶことができる場合があります。自分の都合に合わせて出勤や退勤時間を選べることで働きやすくなることもあります。他にも、育休を申請することができたり、社内に保育施設が設置されている場合は利用できるかもしれません。

また時短勤務であってもプライベートとの両立を大変に感じる場合には、働き方についてパートやアルバイトなど雇用形態を見直すのも良いでしょう。収入が途切れず、しかし自由なシフトで働ける方が合っていることもあります。

時短勤務の転職の厳しさは、キャリアカウンセラーと共有して

時短勤務の転職が厳しいという情報を聞くだけで、転職に対するモチベーションが保てなかったり、不安になったりするものですよね。

そんなときこそキャリアカウンセラーに相談して、現状を報告しながらアドバイスをもらい、一歩ずつ転職活動を進めていくことが大切です。時短勤務での転職が厳しいからといって不可能なわけではありません。また、自分にとってより良い働き方を探るためにもプロのカウンセラーからのアドバイスがあったほうが心強いでしょう。

まずはミートキャリアの無料カウンセリングを受けてみよう

ミートキャリアでは、無料のキャリア相談を行なっています。今持っている不安や課題をそのままカウンセラーに伝えてみることで気持ちの整理になったり、解決策が見つかるかもしれません。

時短勤務での転職は厳しい条件ながら不可能ではありませんので、カウンセラーと一緒に前向きに取り組んでみてはいかがでしょうか。

ミートキャリアでは自己分析〜面接対策までサポートを受けられるため、プロと一緒に戦略的に転職活動を進めることができます。

以下のようなことで悩んでいる方、下のボタンからLINE公式アカウントを追加して、無料カウンセリングへお越しください!
✅ 転職するか現職で頑張るか悩んでいる
✅ 書類や面接が通らず、転職活動の進め方で悩んでいる
✅ 自分に合ったキャリアプランが立てられない

時短勤務の転職活動の厳しさは?実現できる?そのポイントは

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

エンタメ全般が好きなライター。ドラマや映画、アニメなど日本の作品以外に、色々な国の作品も鑑賞。ライターと並行して会社員としても働いていたが、2023年に目標にしていた海外での生活を実現。就職や転職など今後の生活が気になりながらも、数年間は日本と海外での生活を楽しむのが目標。

目次