転職が決まらず焦っている。そんな人こそ確認したい5つのポイント

転職や転職活動を決断したときから、焦りはいつも隣り合わせではないでしょうか。希望の会社に転職できるのか、選考は円滑に進むのか、毎日が焦りとの戦いかもしれません。

しかし焦る気持ちが先走ってしまうと、転職活動も行き詰まってしまうものです。今回は転職において焦る気持ちを持っている人へ、その対策について5つのポイントをお伝えします。

目次

転職に焦りは禁物! それでも焦ってしまう気持ちとは

転職したい、転職活動をはじめたいなど新しい環境へ向かって走り出したら、期待や希望と同じくらい焦りや不安も感じるのではないでしょうか。

実際に転職活動を始めてみると、思うように進まない場面にも直面するでしょう。焦る気持ちのまま進めてしまうと、必要な準備や対策の質が落ちてしまったり、無駄な作業を増やしたりと効率が悪くなることもあります。

転職するにあたって、焦る気持ちは常に隣り合わせですが、焦りに気を取られてしまうと本末転倒です。

転職が決まらない原因は

転職活動は人それぞれ進め方や考え方が異なりますが、その過程で焦る気持ちがあるということは、転職が決まっていないと考えられます。まずは転職が決まらない原因を探り、すぐにできる改善に取り掛かりましょう。

履歴書対策、面接対策が不十分

履歴書や面接対策が不十分で、対策が足りていないことを自覚しながら転職活動を進めていると、自信のなさから焦りが出てくることもあるでしょう。焦りは応募先の企業にも伝わってしまうものですので、良い結果につながりにくくなります。

まずは自分が改善できる部分から始めていくのが第一歩です。履歴書や面接の対策は十分か、使う言葉や文言は最適か、スキルや技術は余すところなくアピールできているか確認しましょう。

自分が持っているスキルや技術を理解する

履歴書や面接対策にもつながる部分ですが、まずは自分が持っているスキルや技術を洗い出し、アピールできるように改めて考え直しましょう。

特定の技術や能力があっても、それらが企業に伝わらなければ転職は成功しません。どんなスキルがあるのか、またどのようにして身につけたか、転職後にはどのように活かせるかなどあらゆる角度から説明できると心強いです。

焦る気持ちが先行して失敗の分析ができていない

見直しや振り返りをすることは、決して良いことばかりではありません。とくに失敗が続いているなかで自分の転職活動を振り返るのは勇気がいる行動でもあります。

しかし縁がなかった会社についても、自分の転職活動において反省するべき点はないか、振り返りをすることは成功への近道です。次に活かせる点を見つけ、伸びしろだと捉えて前向きに取り組んでみましょう。

転職の軸がぶれている

自分の「軸」を持って転職活動ができていますか。転職先では何を優先したいか、どんなことを成し遂げたいか譲れない軸を考えてみましょう。キャリアアップしたい人や、待遇改善、働き方の変更など理想は人それぞれです。

自分が大切にしたいポイントを考え直すことで成功につながるかもしれません。

転職で焦らないための5つのポイント

転職活動の場面で焦らないためにも、転職を決めたら意識したい5つのポイントについてお伝えします。

はやめに転職活動の準備をする

転職活動の準備は早めに始めるのが吉です。転職が決まる前に退職してしまうと履歴書にブランクを作ってしまうことになり、最初から焦りのある状態で転職活動を行わなければなりません。

まずは、現在の仕事と平行しながら転職活動を行なえるよう工夫してみるのがポイントです。履歴書を作ったり、面接対策をしたり少しずつ準備を進めてみましょう。

早い段階で企業研究をする

履歴書作成や面接対策のための企業研究は、早めに始めて損はありません。いざ転職活動を始めてから企業研究に取り組むと、いち早く面接が決まっても準備ができていない事自体が焦りにつながってしまい、良い結果が残せません。

転職を考え始めたときから、どんな企業を志望するか考え、企業研究を進めて履歴書や面接対策にも活かしましょう。

つねに転職の軸が見直せるように

ここまでお伝えしたなかで、転職の軸がブレると焦りの原因や転職活動につまづく原因になるとお分かりいただけたのではないでしょうか。

とはいえ転職活動の中で焦る場面は絶対にあります。対策のひとつとして、自分の理想や希望などを紙に書いて目に見えるように言語化しておくと、いつでも見直しができて初心に帰ることができます。

転職活動の期間は長めに取る

転職活動は期間が短すぎると効果がでないものです。期間を決めて取り組むのはメリハリが出て良いことですが、少し長めに見積もると落ち着いて対処できることも増えるはずです。

特に仕事やプライベートとの両立など、転職活動をすることでより忙しくなる人が多いはずですので、少しでも焦りを軽減するために余裕を持って転職活動を進めましょう。

とはいえ期間が長すぎると飽きてしまい、目標を見失ってしまうこともあるので注意が必要です。

応募する企業や企業数、条件は吟味する

応募する企業が少なすぎると結果につながりにくい一方で、手当たり次第に応募するのはおすすめできません。履歴書の制作や面接対策で無駄な時間が発生してしまいます。

転職における自分の軸を中心にスキルや能力と照らし合わせて、自分の希望に合う企業に応募しましょう。企業数や条件を吟味して応募したほうが面接対策にも熱が入るはずです。

困ったときは一人で抱え込まずにキャリアカウンセラーに頼って

転職や転職活動で焦っている気持ちがあるときに一人で行動しても、空回りすることも多いです。焦る気持ちがあると、なぜうまく進められていないのか、その原因にも気づきにくくなっているでしょう。

そんなときこそキャリアカウンセラーを利用してみてください。転職の状況をカウンセラーに説明し、整理してみると冷静になれることもあるでしょう。転職活動がうまく進んでいない場合にはカウンセラーからその原因や対策についてアドバイスをもらうこともできます。

まずはミートキャリアの無料カウンセリングを受けてみよう

転職はつねに焦る気持ちと隣合わせです。ミートキャリアは、はじめに無料カウンセリングでお話いただくことができます。少しでも焦りを感じている人は、まずは無料カウンセリングを利用してみませんか。

カウンセラーに話すことで状況が整理でき、落ち着いて次の対策を考えられるはずですよ。

ミートキャリアでは自己分析〜面接対策までサポートを受けられるため、プロと一緒に戦略的に転職活動を進めることができます。

以下のようなことで悩んでいる方、下のボタンからLINE公式アカウントを追加して、無料カウンセリングへお越しください!
✅ 転職するか現職で頑張るか悩んでいる
✅ 書類や面接が通らず、転職活動の進め方で悩んでいる
✅ 自分に合ったキャリアプランが立てられない

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

エンタメ全般が好きなライター。ドラマや映画、アニメなど日本の作品以外に、色々な国の作品も鑑賞。ライターと並行して会社員としても働いていたが、2023年に目標にしていた海外での生活を実現。就職や転職など今後の生活が気になりながらも、数年間は日本と海外での生活を楽しむのが目標。

目次