仕事にやりがいがない?その気持ちの原因と解決策を考えよう

仕事にやりがいがないと思いながらも、状況打破できずに今の仕事を続けてしまっている人はいませんか。

経験年数が長くなり同じ業務ばかりをこなしていると、仕事にやりがいを見つけるのは難しいかもしれません。しかし場合によっては転職のチャンスになり得ることもあります。

そこで本記事は、「仕事にやりがいがない」という気持ちをどのように噛み砕き、どんな方法で解決していけばいいのかお伝えします。

目次

「仕事にやりがいがない」と思う気持ち

毎日同じ会社で働き、毎日同じ業務をしていると、仕事にやりがいがないと感じることもありますよね。あるいは、仕事は楽しくないもの、生活のためと割り切って向き合っている人もいるかもしれません。

特に注意が必要なのは、最近急に仕事にやりがいがないと感じてしまっているパターンです。たとえば、仕事に行くのことが毎日億劫に感じる、同僚や上司、部下との何気ないコミュニケーションも楽しめない、特別なトラブルや不満はないのに達成感や充実感がないといった気持ちを抱えていませんか。

該当する人は仕事への取り組み方や向き合い方を考え直すタイミングかもしれません。

仕事にやりがいがない、そう感じる理由は

まずは、なぜ仕事にやりがいがないと感じてしまうのか、その理由を考えてみましょう。

業務に意味を見い出せない

自分の業務が会社や誰かの役に立っているのか、成果が出ているのかなど意味や意義が見いだせないために仕事にやりがいを感じられない人もいるかもしれません。

特に単純作業など決まった業務が多くなると、無心になって取り組んでしまい、結果としてやりがいを感じられなくなることもあります。

同じことの繰り返しが多い

勤続年数が増え、仕事自体の経験が長くなっていくと業務にメリハリが感じられないこともあるかもしれません。担当部署や業務によっては、毎年同じことを繰り返す業務もあるでしょう。なおさらメリハリがなく飽きを感じてしまっているのではないでしょうか。

結果的に目標や目的が曖昧になってしまい、仕事にやりがいがないと感じてしまっているかもしれません。

仕事での目標が見つけられない

キャリアアップや資格取得によって特別手当がもらえるなど、仕事において何かしらの目標があればそれに向かって頑張ることもできます。しかし、こうした目標が見つからないと、やりがいがないと感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

会社や部署での目標はもちろん、個人の目標がなくなってしまうこともやりがいを感じられない要因の一つかもしれません。最近、仕事に関連した資格取得や昇給のために、何か目標を立てて取り組んだことがあるか、自分の生活を振り返ってみてください。

職場環境や人間関係でトラブルを抱えている

業務内容に問題があるわけではないのに、やりがいがないと感じてしまうのは、職場環境や人間関係に不安やトラブルを抱えている場合もあります。

気兼ねなく仕事の話ができる同僚がいない、上司や部下との関係が良好とは言えないなどさまざまな原因が考えられますが、職場での働く環境はやりがいに大きく関係しているといえるでしょう。

仕事にやりがいを感じないのは転職のタイミングかも

仕事にやりがいがないという気持ちのまま今の職場で働き続けるよりは、思い切って転職を考えるのも一つの方法です。

他にも、自分自身の疲労からやる気が出ないなどの問題がある場合は、休暇を取ったり、思い切って趣味に没頭するような時間も大切です。心身の疲労やストレス解消にも努めてみましょう。

気持ちが向かないまま仕事を続けているのは、本人の生活や健康に悪影響を及ぼす場合もあります。ただし、転職するかどうかについては、気持ちにしっかりと向き合って整理してから決める方が良いでしょう。

やりがいのある仕事を見つけるには

今、仕事にメリハリがなくやりがいを感じられていなくても、やりがいを持って仕事に取り組みたいと考えている人も多いはずです。やりがいのある仕事を見つけるためのヒントをお伝えします。

自分の好きなことを仕事に

自分の好きなことを仕事にすると、前向きに取り組むことができ、結果的にやりがいを感じられるかもしれません。「好きなこと」の軸は人それぞれでいいでしょう。

趣味を仕事にできるような職業に就くのも一つの方法ですが、今の職場のままで持っているスキルや技術を活かすことができる役職、配属に変更を検討してみるのも方法です。どんな業務を行っているときが楽しいか、考えてみましょう。

自分のスキルを最大限に活かす

自分の持っているスキルや能力が存分に活かせる仕事であれば、仕事ぶりを自分自身で実感することができ、やりがいにつながるかもしれません。

特に他の人が持っていない技能の場合、周りから頼られる場面も多くなるでしょう。職場のなかで自分のスキルが活かせると、自発的に仕事がしやすくなり、やりがいに繋がるかもしれません。

どんな自分になりたいか、イメージしてみる 

やりがいのある仕事をしたいと思いながらも、職種や働き方など具体的な希望がないという人は、まずはどんな自分になりたいかをイメージしてみましょう。

毎日楽しく仕事に行きたい、同僚と仲良くなったらプライベートな時間も共有したい、ハードに働きたいなどそれぞれに違った理想像があるのではないでしょうか。

それを踏まえてどんな仕事に就くのか、あるいは今の仕事を続けていくのか再検討してみるといいですね。

モヤモヤする気持ちは溜め込まないで! キャリアカウンセリングを利用しよう

仕事にやりがいがないという気持ちは、放っておくと無気力につながり、場合によっては心身のバランスを崩してしまうこともあります。やりがいがないという仕事を続けている自分に対して焦りや、落ち込むような気持ちがあれば、まずは誰かに話を聞いてもらうことも大切です。

とはいえ同僚など職場の人には話しづらい内容だからこそ、キャリアカウンセリングを受けてプロに相談し、しっかりと気持ちを紐解いてもらうことで気持ちが楽になるかもしれません。もちろん、カウンセラーには話を聞いてもらうだけでなく、キャリアにおけるアドバイスをもらうことも可能です。

まずはミートキャリアの無料カウンセリングを受けてみよう

仕事にやりがいがなく、なんとなく仕事を続けてしまっている人、そんな状況から脱却したいと思いながらも何を始めて良いかわからない人、さまざまな状況の方がいらっしゃると思います。

まずはミートキャリアの無料カウンセリングを利用してカウンセラーと話すことで、今の状況を整理しながら、自分はどのような仕事がしたいのか、どんなキャリアを築きたいのか、自分を見つめ直してみませんか。

ミートキャリアでは自己分析〜面接対策までサポートを受けられるため、プロと一緒に戦略的に転職活動を進めることができます。

以下のようなことで悩んでいる方、下のボタンからLINE公式アカウントを追加して、無料カウンセリングへお越しください!
✅ 転職するか現職で頑張るか悩んでいる
✅ 書類や面接が通らず、転職活動の進め方で悩んでいる
✅ 自分に合ったキャリアプランが立てられない

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

エンタメ全般が好きなライター。ドラマや映画、アニメなど日本の作品以外に、色々な国の作品も鑑賞。ライターと並行して会社員としても働いていたが、2023年に目標にしていた海外での生活を実現。就職や転職など今後の生活が気になりながらも、数年間は日本と海外での生活を楽しむのが目標。

目次