職場があわないと感じた時、転職する?留まる?最適な決断をするためには

職場があわないと感じた時、転職する?留まる?最適な決断をするためには

転職するか現在の職場に留まるか、それはキャリアにおいて重要な選択です。自分が直面している職場の課題をどう乗り越えるか、それとも新しい環境へ飛び込むか、この選択は将来のキャリアを大きく左右します。
この記事では、職場があわないと感じたときに取るべき対処法をまとめました。

目次

職場があわないと感じたときの対処法

あなたが、「職場があわない」と感じる理由は何でしょうか?一般的には、仕事内容・労働環境・能力の評価・キャリアの見直し・給料の低さなどが理由として挙げられます。

ここでは、職場での人間関係に焦点を当てた対処法をまとめました。

コミュニケーションに改善の余地はあるか

職場でのコミュニケーションが健全かどうかは、日々の対話やフィードバック、チーム内の雰囲気を通じて見極めていきましょう。

改善の余地があるかを見極めるために、 他者の話を注意深く聞き、理解しようと努力してみます。また、自分のコミュニケーションのスタイルを振り返り、自己評価してみましょう。

努力をしてもチーム内の風通しが悪く、誤解や混乱を生む風潮がある場合には、改善の余地があります。その場合は一人で悩まずに、上司を含めたチームで改善点を見つけていきましょう。

人間関係がポジティブになる道はあるか

人間関係の悪い職場で働くのは、本当にツライことです。そのような職場では、精神的なストレスを生む上に、仕事の満足度と生産性も低くなります。

チーム内でお互いに関心が低い場合には、信頼関係の構築やチームビルディングの活動を通じて、同僚とのポジティブな関係を築くことは可能です。プロジェクトを通じて、互いの強みを理解し、協力的な関係を深めることができます。

しかし、嫌がらせを受けていたり、極度に扱いにくい性格の人がいる場合などは、転職を視野にいれることも、選択肢のひとつとなります。

職務内容は自分にあっているか

自分のスキルや関心が現在の職務内容と合っていないと感じる場合、職場での不満が高まります。

自分のスキルや可能性を棚卸しして、自分のキャリア目標や関心に合った職務を明確にしていきましょう。

そのうえで、現在の役割の中で、自身の関心やスキルが活きる職務があるかどうかを探ります。現在の職場では、スキルを十分に活かすことが難しい場合は、転職を検討するのもひとつの選択肢です。この場合の転職は、自己実現のための転職をめざしましょう。

ワークライフバランスには満足しているか

仕事と私生活のバランスは、職場の満足度に直接影響を与えます。仕事が私生活を圧迫している場合、ストレスや疲労感が高まり、長期的には仕事のパフォーマンスにも悪影響を及ぼします。

そのため、ワークライフバランスを見直し、必要に応じて調整することが重要です。仕事とプライベートの時間を明確に区別し、オフタイムはリフレッシュに充てることで、仕事の効率性も向上します。

また、フレキシブルな勤務体系や在宅勤務のオプションを探ることも、バランスの取れた働き方につながります。自分自身の健康と幸福を優先することで、「職場にあわない」と感じる不適合感を軽減し、より充実したキャリアを築くことが可能になります。

こういった努力にも関わらず状況が改善されない場合は、自分自身のキャリアと幸せのために、新たな機会を探求することも一つの選択肢です。重要なのは、自分自身の幸福感を優先する勇気を持つことです。

転職すべきか、留まるべきかそれが問題だ

「転職するか、現在の職場に留まるか…」それは、キャリアにおける大きな決断です。現在の職場での成長機会を見極め、自分にとってのベストな選択を考えましょう。

転職を決める前に、現職での成長の可能性を検討する

転職を考えるとき、今の仕事で今後どれだけ成長できるかをよく考えましょう。単に現在の仕事に満足していないからといって、すぐに転職を決断するのではなく、自分がこれからどんな仕事をしていきたいのか、もっと成長できるチャンスが今の仕事にあるのかをしっかり見極めておきましょう。

もし現職が自分の将来の夢にマッチしていると感じたら、転職するよりも今の職場で頑張る理由が見つかるかもしれません。逆に、マッチしていないと感じたら、新しい仕事を探すモチベーションになるでしょう。自分でしっかりと考えて、キャリアをより良い方向に進める手がかりを掴んでください。

逃げの転職ではなく、攻めの転職をせよ!

現職のメリットを確認せず、不満を解消することだけを考えて転職すると、後悔しがちです。特に同じ会社で10年以上勤務している場合、会社で得たメリットや、当たり前だと思っていた良い点を見落としやすいです。

この観点を見落として不満の解消に走り、転職した場合、「以前の職場はよかった…」とあとから気づくケースはとても多いです。

だからこそ現職から「逃げる」転職ではなく、自分が本当に望む環境や仕事のやりがいをしっかりと見極めてから、新しいキャリアに踏み出す「攻め」の転職を心がけましょう。

キャリア目標を明確にしておく

現在の職場に留まるにしても、転職するにしても、一度自分のキャリアの目標を明確にしておきたいものです。特に、職場に会わないと感じている場合には、ぜひ自己分析を行い、自身の目標を再確認しましょう。

本当に達成したいこと、キャリアにおいて最も価値を置いていることは何か、そして現在の職場がそれらの目標を支援し、達成へと導いてくれる環境かどうかを考える必要があります。

職場選びでは、単に働き方の良さだけでなく、自分が「何をするか」にも注目し、「好き」だと感じること、「楽しい」と思える仕事、「充実感」を感じられる職場を選ぶことが重要です。自分のやりがいを軸に置くことで、長期的に充実したキャリアを築けます。

キャリアカウンセリングの可能性を探る

キャリアカウンセリングは、専門家による深い洞察とアドバイスを通じて、あなた自身の価値観、興味、能力を掘り下げ、キャリアの岐路に立つときの最適な選択を見極めるサポートをしてくれます。

自分で答えを出すのが難しい「現在の職場に留まるべきか、転職をすべきか」という問いに対して、答えを見つけるための強力な支援を提供してくれます。

自分だけでは気づかない可能性を開き、理想のキャリアを実現するためのキャリアカウンセリングの必要性を探りました。

ャリアカウンセリングで自己理解を深める

キャリアカウンセリングでは、専門家がさまざまなツールや質問を駆使して、あなたの価値観や興味、スキル、キャリアへの期待を深く掘り下げます。

この過程で、自分のキャリアに対する理解を深めることができ、自分に合った職種や業界を見つけるための手がかりを得られます。

キャリアの新たな選択肢を探る

キャリアカウンセリングを利用することで、現在の仕事以外にどんなキャリアパスがあるかを探ることができます。

カウンセラーは、あなたのスキルや経験を見極め、まだ見ぬ職種や分野への洞察を与えてくれます。これにより、自分では考えもしなかった新しいキャリアの可能性に目を向けるきっかけを得られます。

転職活動のサポートと戦略立案

キャリアカウンセリングでは、履歴書の作成、面接の準備、効果的なネットワーキング戦略の構築など、転職活動における具体的なサポートも提供されます。

プロのカウンセラーと一緒に、目標達成に向けた実践的なステップを計画し、成功に導くための戦略を立てることができます。

ミートキャリアの「LINEでキャリア相談」を使ってみよう

今なら、LINEでお悩みを送るだけで、キャリア支援のプロから回答がもらえる「LINEでキャリア相談」を無料で利用できます!
以下のような内容で悩んでいる方、下のボタンからLINE公式アカウントを追加して、ぜひご相談ください!
✅ 転職するか現職で頑張るか悩んでいる
✅ 書類や面接が通らず、転職活動の進め方で悩んでいる
✅ 今の仕事が合っていないと感じて、自分に合った仕事が知りたい

職場があわないと感じた時、転職する?留まる?最適な決断をするためには

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

英語専門学校卒業後、書店員⇒商社⇒ラジオ局⇒TV局を経て、2015年にフリーライターへ。多彩なキャリアと、リサーチ力、分析力、言語化力を生かして、読者の役に立つ情報をお届けします。猫と、カフェと、本が好き。映画と海外ドラマで気分転換しています。

目次