自己分析に遅いも早いもない!繰り返し転職から納得感のある1社をみつけられた理由とは

自己分析に遅いも早いもない!繰り返し転職から納得感のある1社をみつけられた理由とは

自力で転職活動を始めたものの上手くいかず、ミートキャリアのキャリアプログラムを受講されたS.Mさん。

徹底的に自己分析に取り組んだ結果、「仕事が楽しい」「もっと学んで会社に貢献したい」と思える企業を見つけ、転職することができました。

「自己分析のおかげで自分のことを自分の言葉で説明できるようになった」と語るS.Mさんに、これまでのキャリアで感じていたもやもやや、転職活動でのミートキャリアの活用方法などを伺いました。

目次

転職7回。ジェネラリストのままでいいのか迷い

ーーまずは簡単に自己紹介をお願いします。

小学2年生と、年中の双子の3人の子どもがいます。これまで7回ほど転職をしていて、グラフィックデザイナーをメインに、広報やECサイト運営、販促物の制作など幅広い職種を経験。雇用形態も正社員をはじめ派遣社員、アルバイトなど、そのときの状況に合わせて選択してきました。

今回はミートキャリアの受講を経て、医療系のグラフィックデザイナーへ転職しました

ーーご転職、おめでとうございます!7回転職されたということで、これまでの経緯を詳しくお聞きできますか?

デザイン系の大学を卒業したのですが、すぐにはデザイナーの道に進まず、2年ほどフリーターとして撮影関係やアパレルなど興味がわいた仕事をアルバイトで転々としていました。でもせっかくデザイン系の大学を出たし、小さいころから憧れていたグラフィックデザイナーをきちんと目指そうと思って。

大学卒業から3〜4年経ったころ、デザイン事務所でデザイナーとして働き始めました。ただその後もずっとデザイナーをしていたわけではなく、様々な業界で広報や販促物関係の仕事、Webデザイナーなど、制作会社も事業会社も経験しながら、PRに関するジェネラリスト的なキャリアを歩んできた感じです。

ーー大学卒業後はしばらくフリーターをされていたのですね。新卒の就活はどのように取り組まれたのですか?

周りに流されて少しは就活したのですが、そこまで本腰を入れてはいませんでした。そもそも、みんなが歩幅を合わせて一斉に就活をする世の中に違和感があったというか……。

自分がやりたいことは就活サイトには載っていないとも感じていたので、あまり積極的に動くことはしませんでしたね。

自己分析に関しても、就活サイトでできる簡易な診断ツールを少し使ったくらいで。だからこれまでしっかりと自己分析をした経験はありませんでした。

求人迷子からミーキャリ再利用を決意

ーー以前もミートキャリアのサービスをご利用いただいたことがあるのですよね。

そうなんです。以前いた会社で育休から復帰するタイミングで転職をしたいと思い、相談させてもらいました。おかげさまで、育休明けに派遣社員から正社員への転職に成功したんですよ。

ーー再びミートキャリアを利用しようと思ったきっかけを教えてください。

また転職を考え始めたからですね。そのタイミングでたまたまミートキャリアからサービス改定に伴う無料相談の案内が来ていたので、ちょっと話を聞いてみようかなと思いました。

ただ、話を聞いた段階では一度利用を見送ったんです。サービス改定によって自己分析をしっかり取り組む内容に変わっていたのですが、それが私には合わないのではないかと思って。当時はとにかく今すぐ転職したいという気持ちが強かったんです。

ーーそれから数ヶ月後に受講を決めてくださいました。その間はどのように過ごされていたのですか?

早く次のステップに進みたかったので、自分で転職活動を始めました。転職サイトに登録したり、エージェントと面談したり。

デザイナーを続ける意欲も下がってしまっていたので、異業種転職を考えて活動していました。とにかく手当たり次第、事務やWebマーケ、SNS運用など、少しでも自分のアンテナに引っかかるものはすべて応募していましたね。でも全然上手くいかなくて。

エージェントに急かされるまま応募して書類選考に通過したけれど、よく考えたらやりたいことではないからお断りしてしまったり……。

実際に転職活動をしてみて、また転職を繰り返しキャリアが中途半端になるのは嫌だから軸を見つけたい、でも一人では難しいと感じ、キャリアプログラムに申し込みました。

「仕事は生活のため」から「仕事にやりがいを求めて良い」へ

ーープログラムを受けて、ご自身の内面に変化はありましたか?

仕事への意識が少し変わりましたね。これまでは「仕事は生きるための手段」だと考えていたんです。プライベートを充実させるために仕方なく仕事をしている、という感覚ですね。

今もベースは変わっていないのですが、キャリアプログラムを通じて「仕事が嫌いなのではなく、やりたい仕事ができていないだけ」だと気付いたんです

だから自分が心からやりたいと思う仕事ができる状況であれば、もっと仕事へのモチベーションも上がるんじゃないかなと。仕事に対してやりがいやモチベーションを求めてもいいんだなと思えたのが大きな変化でした

ーーとても素晴らしい変化ですね!転職先でのお仕事はいかがですか?

仕事を通して得るものが多く、働いていて楽しいですね。正しいことをきちんと正しく多くの人にわかりやすく伝えたいという、私の資質ともフィットしている感じがします。

その資質も、プログラムを通して自覚できたものなんです。それがわかっていたから、転職活動でも自分の資質を活かせる業界や仕事を選ぶことができたのだと思います。

自分が力を発揮できる環境だからこそ、もっと学びたいという気持ちが強いですし、その学びを会社にも還元して貢献していきたいですね。

自分で選ぶ!狙い撃ちに変わった転職活動

ーー転職活動をどのように進めていかれたのか、詳しく教えてください。

プログラムのワークとセッションを通して、自分に合う仕事を理解していきました。特に印象的だったのが、自分が嫌なことを洗い出すワークです。

私はこれまでの経験が幅広く対応できる仕事も多かったので、周りからいろいろと頼まれることが多くて。できることはすべて引き受けていたんですね。

でもワークで嫌なことを書き出してみたら、本当にやりたいことって今やっている仕事の3分の1くらいしかなかったんです。やりたくないけれど、対応できてしまうからやっている仕事がたくさんあったんですよ。

これからはそんな状況とはさよならしたいと思って、嫌なことはきっぱり捨てる意識を持って転職先を選んでいきました。何を残して何を捨てるか、とにかく取捨選択をした転職活動でしたね。

ーー大事なことですね。一方で、取捨選択をすると応募したいと思える求人が減ってしまうのではないですか?

そうなんです。だから毎日のようにたくさんの求人を見ていました。それとプランナーさんからのアドバイスで、希望条件の考え方を少し広げてみるようにもしたんです。

例えば「子育てと仕事を両立するため時短で働きたい」という希望があったとします。時短を必須条件にすると該当する求人は少なくなりますが、視点を変えて「18時には家にいたい」だとどうでしょうか。

フレックスがあったり、勤務地が家から近かったりすれば時短じゃなくても18時に家にいることは可能ですよね。

絶対に譲れない条件なのか、視点を変えればほかの条件でも許容できるのかなど、プランナーさんとのやり取りを通して考えていきました。

その結果、最終的には自分の希望にフィットする企業を3社みつけ、その中の1社から内定をいただくことができました。

ーーおめでとうございます!内定にあたり、ほかにもプログラムが転職活動に役立った場面はありましたか?

「転活リスト」を活用していました。転活リストに応募企業の情報を書いて、面接を受けたらそのときの質問や先方の印象、自分が感じたモヤっとポイントなどを書き足すんです。

それを繰り返していくと、面接でこう聞かれたらこう答えようという自分の中の引き出しがどんどん増えていって。対面の面接の前には、その蓄積されたデータをすべて頭に入れてから面接に臨みました。

上辺だけの言葉で話すのではなく、本当の自分らしさや強みを、自分自身の言葉で伝えられたと感じています。

キャリアプログラムを検討している方へ

ーーS.Mさんのように、ジェネラリストゆえの悩みを抱えている方も多いと思います。そうした方々へメッセージをいただけますか。

自ら希望してジェネラリストになった人は少ないかもしれません。実はやりたくない仕事だったとしても、自分が対応すればすぐに終わるからとか、周りの状況を考えて受けてしまうとか、そうしたことの繰り返しなのではないでしょうか。

どんな人も、きっと深掘りすればやりたいことの軸はあると思うんです。私はそれを自覚したうえで、40代、50代を見据えたキャリアを築きたいと思いミートキャリアを受講しました。

キャリアプログラムを通して「私はこんな人だから、こう考えるんです」と、自分のことを自分の言葉で周りに伝えられるようになりました。自分の取り扱いが上手になって、納得感を持ってキャリアを選択できるようになったんです。

自己分析をする時期に遅いや早いはありません。自分のキャリアを作りたいと思ったときがベストなタイミングだと思っています。

ーーありがとうございます。最後に、ミートキャリアの好きなところを教えてください!

全然関係ない第三者でいてくれるところですね。家族に相談すると感情的になってしまうし、エージェントは転職成功によって企業側に報酬が入るビジネスで、利害関係がある。

そう考えると、利害関係もなくフラットな目線で言葉を返してくれるミートキャリアの存在って、本当に貴重なんです。それにミートキャリアはトレーナーさんもプランナーさんも気軽に話せる人ばかりです。

自分の味方になってくれる存在がそばにいてくれるってこんなにも心強いんだなと、キャリアプログラムを通して実感しましたね。

まずはミートキャリアの無料カウンセリングを受けてみよう

自分なりの考え方と軸を持って転職活動を進めるためにも、まずはミートキャリアの無料カウンセリングを利用してみませんか?

ミートキャリアでは自己分析〜面接対策までサポートを受けられるため、プロと一緒に戦略的に転職活動を進めることができます。

以下のようなことで悩んでいる方、下のボタンからLINE公式アカウントを追加して、無料カウンセリングへお越しください!
✅ 転職するか現職で頑張るか悩んでいる
✅ 書類や面接が通らず、転職活動の進め方で悩んでいる
✅ 自分に合ったキャリアプランが立てられない

自己分析に遅いも早いもない!繰り返し転職から納得感のある1社をみつけられた理由とは

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

兵庫県在住のフリーライター。夫と6歳&0歳の息子と4人暮らし。神戸大学卒業後、公務員→派遣社員→BPO関連企業のPMを経て現在。キャリアコンサルタント資格や会社員時代の採用業務経験を活かし、人材系企業のオウンドメディア、スタートアップの採用広報などでキャリアをテーマにした記事を多く手掛ける。今年の目標は小1の壁と0歳育児をどちらも楽しむこと。

目次