転職を繰り返してきた私が、ようやくたどり着いた「本当にやりたい仕事」

ミートキャリア_インタビュー記事サムネ_OMさん
「接客が好き」「自由に働きたい」という軸でこれまで様々な仕事をしてきたO.M.さん。

やりたくて選んできたはずなのに、何かが違う…。「繰り返し転職してるってことは、何か大事なものを見落としているんじゃないか」と思い、まずは棚卸しをするためにキャリアプログラムを受講されました。

自己分析ワークによる丁寧な言語化を通して本来の自分を見つけ、開始3ヵ月で転職を決意、所要1か月で以前興味を持ったことのある”キャリア支援”の仕事に転職されました。どのようにして『本当にやりたい仕事』にたどり着いたのか、その見つけ方をお聞きしました。
(O.M.さん / 女性 / 40代 / 事務職) 
目次

繰り返す転職に、何か見落としている気がした

ーーまずは簡単に自己紹介をお願いします。

社会人になってから15年ほど飲食や服飾を中心に接客業に就いてきて、直近5年は行政機関の窓口業務に事務員として携わってきました。人と話をするのが好きで、これまで大企業から小売店舗、正社員からアルバイトと様々な形で働いてきました。

この度転職が決まり、23年12月から就労支援員として働く予定です。また、将来的には個人事業主にも挑戦したいと考えています(※インタビュー実施2023年11月末)

ーーミートキャリアを利用する前のお悩みについて教えてください。

これまで様々な仕事に就いてきたのですが、40歳を迎えた時にこれまでの20年を振り返ってこの先の働き方をちゃんと考えたいと思っていました。

私は「自由に働きたい」とずっと思っていて、好きな接客業を中心に「良いな」と思った仕事を選んでやってきました。でも、ここにきて、「自分が望んでいた働き方は、これだったのだろうか」「選んだように見えて、実は”仕方なくそれになった”だけなんじゃないか」って思うようになったんです。

これまでの仕事に後悔はないものの、「私の仕事は本当にこれで良いのだろうか?」といったモヤモヤが続いていました。

ーー好きで選んできた仕事のはずが、そう思えなくなった…ということですか?

私は器用貧乏でコツコツやれるタイプなので、どれも仕事自体はちゃんとこなしてきました。今の仕事も、それなりにやりがいがありますし、勤務時間も長すぎずプライベートを充実させられてちょうど良いと思っていました。

でも、過去を振り返った時に、繰り返し転職してきたってことは、自分は仕事選びにおいて何か大事なものを見落としているような気がしたんです。自分自身だけでなく、これまでの自分の選択は正しかったんだろうかって…。自分がいままでやってきたことに対し、少しずつ自信が持てなくなっていました。

ーーそう思うきっかけがあったのですか?

「接客が好き」で仕事選びをしてきましたが、本当?実は違うんじゃない?って感じることがこれまでにも何度かあったんです。

例えば、服が好きで自分が着たい服へのこだわりがあったので服飾店で働きましたが、「服を紹介する」ことにはあまり興味なかったんですね。お客様から「どういう服が似合いますか?」と聞かれても、「あなたの着たい服を着てください」としか思えなくて…。

名詞(服)と動詞(服を売る)の違いとかに違和感を感じるようになったり、”仕事内容”と”本当にやりたいこと”が繋がっていない気がしてきて、今までと同じ仕事の選び方をしてたらダメだって。それで、しっかり自分の棚卸しをしようと思いました。 

ーーそれで、ミートキャリアを見つけてくださったんですね。

フォローしていたキャリアコンサルタントのnoteで、ミートキャリアのことが紹介されていて知りました。とりあえず、私のモヤモヤについてアドバイスもらえればと思って無料相談会に申し込んだのですが、サービスの説明を聞いたら直感的に「やってみたい!」ってなって。即申し込みしました(笑) 

ーーありがとうございます!どのあたりがマッチしたのでしょうか? 

経験の棚卸しをしたいけど何から始めればよいかわからなかったので、それがプログラム化されているのが良いと思いました。

また、転職したいのではなく、長い目で仕事選びをしたり将来のことを考えられるようになりたかったので、「自分で自分のキャリアを考えられる、自走できるようになる。」という効果が私の目的にピッタリでした。

好きな「接客」の解像度をあげたら「やりたいこと」が見つかった

ーー当初は転職目的ではなかったようですが、転職されました。どこかで気持ちの変化があったのですか?

ええ、もう受講早々に(苦笑)。まずワークで現状分析した時に、とにかくいろいろなことへのミスマッチが表面化されたんです。それをセッションで丁寧に深掘りしたら、今の仕事がどうだというよりも、自分自身が本心に蓋をするような、ごまかしながら働いているという状態に気付いたんです。

ーーやりがいとかモチベーションとか、マインド面で満たされていなかった…ということでしょうか。

どうやらそうだったようです。言語化してはじめてわかりました(苦笑)

確かに、今の仕事は物足りなさはあるもののワークライフバランスは良かったので、転職するつもりは無かったんです。ただ、今思えば、地方だし、年齢もあるし、そんなにすぐに次の仕事は見つからないだろうと、半ば諦めていただけかもしれません。

でも、本心に気付いてからは早かったです。過去の業務を振り返ったり、強みを言語化するうちに「この仕事じゃない感」が確信に変わってきて。受講し始めて3ヵ月過ぎた頃には転職しようって決めていました。

ーー転職活動はどのように進めましたか?『本当にやりたい仕事』はどのように見つけたのでしょうか?

私は「接客が好き」とずっと言ってきましたが、ワークを通じて自分は何が好きで何が得意かの解像度をあげていったら「人との対話を通じて関係性を深めるのが得意」「対話を通じて、相手に喜んでもらうことにやりがいと感じる」という軸が見えました。やりたかったのは「売りたい」ではなく「喜んでもらいたい」だったんですね。

それで、以前、雑貨店の店長をしていた時に、スタッフメンバーの働き方や人材育成にとてもやりがいを感じて『キャリア支援』とか『キャリアコンサルタント』という仕事に興味を持ったことを思い出して、これかもしれない!って。

ーー興味を持ったものにはちゃんと理由があったんですね。それで、キャリアコンサルタントを軸に仕事を探し始めたのですね。

調べるうちに、就労支援員の求人を見つけて、即応募しました。9月末に転職すると決めて10月中旬に応募。書類選考と面接一回のみで、10月末には内定をいただきました。

資格も経験も無いのでダメ元だったんですが、思いがけずすんなり決まって本当に嬉しかったです!

ーーかなりスムーズですね!どのようなところが評価されたのでしょうか?

おそらく、一番は面接での会話のキャッチボールがうまくできたからだと思います。面接官から「ここまで自分のことを整理できている方は多くない。なにか自分を棚卸しする勉強などしたのか?」って聞かれたほどでした。

自己分析を通して自分の得意不得意はよくわかりましたし、キャリアトレーナーから「接客経験が活かせる」というお墨付きももらえていたので、自分のことならちゃんと話せるって自信を持って臨めたのが伝わったかもしれません。

 ーー自分の引き出しがちゃんと整理されていて、この質問にはこれを話そうって瞬時に選び出せたのでしょうね。 

受講していなかったら、もっととっ散らかっていたでしょうね(苦笑)。やりたいことも見つけて、面接もスムーズにできて、将来のことも考えられて、私には一石三鳥も四鳥もありました!

人生で最も自分と向き合えた6ヶ月間

ーー約6ヵ月の受講を経て、率直にどうでしたか?

まず、こんなに自分に向き合ったことは無かったので、本当に良い経験になりました。

ワークを重ねるうちに自分でも内省が深まっているのがわかるようになって、どんどん納得感が高まりました。特に、家族や子供の頃を深掘りするワークでは、自分のこれまでの経験とか生き方とかが繋がったような感覚になりました。

あと、私にはその棚卸しを「書いて残す」のが合っていたのも良かったです。視覚的に見ることで自分を客観視できるようになり、「いま私はこういうことを考えているんだ」「自分はこういう人間なんだ」って気付きが蓄積されました。それが、納得感や自信に繋がったのだと思います。

ーー納得感を大事にされたMさんならではですね。これからどのように働いていこうと考えていますか?

まずは、新しい仕事に早く慣れたいです。そして、半年後とか、落ち着いたらキャリコンの資格取得に向けて動き始めたい。その後は何をやるかはまだ定まっていませんが、個人事業主になり新たなキャリアに挑戦しようかと考えています。

私はクリフトンストレングス(※特性ワークで実施)の上位に「活発性」があるので、転職活動の時のように、「今ならやれる!」って思ったらパッと動けるんじゃないかと思っています。

ーー自分の特性がわかると、その活かし方、物事の進め方も変わってきますね!

キャリアプログラムを検討している方へ

ーー最後に、キャリアプログラムの受講を検討されている方にメッセージをお願いします。

『キャリア』と聞くと、ハイキャリアをイメージして苦手意識を持ったり、「自分はそこまでのスキルはないから」とか「そんな意識を高めたいわけではないから」と思う人もいるでしょう。すべての人が仕事を人生の重点としておく必要はないと思いますが、もし「自分のやってきた仕事に少しでも誇りを持ちたい」 という方がいたらぜひおすすめしたいです。

プログラムを通して、自分の「こうありたい」という目標とか、「楽しい、楽しくない」「得意、苦手」を俯瞰してみることで、「自分はここまでよく頑張ってきた」と感じることができます。ぜひ、自分自身や自分のこれまでに自信を持てずにいる人には、プログラムを通して「自分を誇りに感じる体験」をしていただけたら嬉しいです。

ーー素敵なお話をありがとうございました!新天地でのご活躍も応援しています!

ミートキャリアの「LINEでキャリア相談」を使ってみよう

O.M.さんのように、「転職したけど思っていた仕事内容と違った」「自分に合っていないかもしれない」と感じる方は意外と多いです。
そんな時はミートキャリアをご利用ください。キャリアの棚卸しから自分の強みの発見、転職活動のサポートまで、専任のキャリアプランナーが伴走しながらサポートいたします。

気になった方はミートキャリアLINE公式アカウントを友だち追加して、「LINEでキャリア相談」を使ってみてください。

今なら、LINEでお悩みを送るだけで、キャリア支援のプロから回答がもらえる「LINEでキャリア相談」を無料で利用できます!
以下のような内容で悩んでいる方、下のボタンからLINE公式アカウントを追加して、ぜひご相談ください!
✅ 転職するか現職で頑張るか悩んでいる
✅ 書類や面接が通らず、転職活動の進め方で悩んでいる
✅ 今の仕事が合っていないと感じて、自分に合った仕事が知りたい

ミートキャリア_インタビュー記事サムネ_OMさん

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パナソニック株式会社に新卒入社し、電子デバイスの法人営業に従事。その後パートナーの転勤に同行するため退職、中国を経て、現在は台湾在住。専業主婦期間8年の後、2022年7月に株式会社fruorに参画。国家資格キャリアコンサルタント。

目次