16社受けて不採用だった私がついに内定獲得!転職成功の秘訣は「強みを活かせる職種」が見つかったこと

ミートキャリア_インタビュー記事サムネ_MHさん

地方への転居をきっかけに転職活動をはじめたM.H.さん。「やりたいことは営業企画」と思って受けた面接では16社受けて全て不採用。自分のことを上手く伝えられず、職種にも違和感を感じて「まずは自分の棚卸しをしないと」とミートキャリアの利用を開始。

丁寧な自己分析と企業研究を経て、転職活動を再開した後、すぐにピッタリの企業に出会い、そのまま内定獲得!「やりたい仕事を見直したら転職活動が全然違った」と語るM.H.さんに、ミートキャリアのキャリアプログラムの活用方法についてお伺いしました。

(M.H.さん / 女性 / 30代 / 営業職) 
目次

やりたい仕事のはずなのに、チグハグ感があった

ーーまずは簡単に自己紹介をお願いします。

教育業界で法人営業をしていて、現職は2社目です。前職は、通信業界で働いていました。2人目の育休中だった昨年春に福岡に引越しまして、現在は仕事を継続しながら子供2人と夫と4人で暮らしています。

この度、東京にあるIT系のスタートアップのカスタマーサクセス(以下、CS)への転職が決まりました。フルリモートで働く予定です。BtoBという共通点があるだけで、業界も職種もガラッと変わりました(インタビュー実施 2023年12月)

ーーミートキャリアを利用する前のお悩みについて教えてください。

2023年春頃、2人目の育休復帰に合わせて、当時住んでいた関西圏から福岡に引越しをしました。それを機にリモートで働ける仕事に就きたいと思い、2023年1月頃から転職活動を始めました。でも、それが全然うまく行かなくて…。
反省点もたくさんあって、「まずは自分の棚卸しをしないと」と思っていました。

ーーどのような転職活動をされたのですか?

現職と同じ教育業界、興味のあったIT業界の2つを中心に、営業企画でリモートで働ける求人を探していました。転職エージェントの紹介に加えて、自分で探した企業も合わせて16社応募しました。でも結果は、散々で…。書類通過7社、最終面接2社、内定はどこからも得られませんでした。

でも、ダメだった理由はすぐにわかりました。自分の強みやこれからのキャリアのイメージが整理できていなかったのと、どうも職種の選択も間違ってそうだなと感じてました...。

ーー希望職種に違和感を感じていたのですか…?

以前受けたキャリアカウンセリングや上司からのアドバイスを参考に、「営業経験を活かしつつ営業以外の仕事がやりたい」「もっと上流工程に関わりたい」という理由で営業戦略や営業企画に絞って探しました。でも、いざ人に伝えようとすると、その希望自体がふわっとしていたし、これまでの業務経験との繋がりもいまいちで、自分でもチグハグさを感じていました。

それに、育休中の転職活動だったこともあり、準備不足のまま受け続けてしまったのも良くなかったかもしれません。「やりたい仕事」が固まりきっていない状態で面接が進んだ企業では、そこで活躍する自分が想像できなかったです。きっと、それが面接でも伝わってしまったんだと思います…。

「自分でも整理できていない事を人に伝えられるわけない」と思って、自分の経験ややりたいことを整理しようと決めました。それで、ちゃんとやるなら第三者のプロの力を借りた方が良いと思い、転居を機に転職活動は一旦中断して、ミートキャリアの利用を始めました。

ーーそれで、キャリアプログラムの相談会に来てくださったのですね!以前にもサービスをご利用いただいたそうで。

はい。数年前にミートキャリアのプログラムを利用したことがあって、信頼感もあったし、何かあったらまたお世話になろうと決めていました。

強みを活かせる職種にたどり着いたら活躍する姿がイメージできた

ーー今回の転職活動は再チャレンジだったんですね。どのように進められたのですか?

2023年10月に、以前頼んでいた転職エージェントに活動を再開したいと連絡しました。リモートワークを前提にその他の希望を伝えて、4社紹介してもらいました。1社は経歴がマッチせず書類落ち、1社から内定、残り2社は受けずに終了。

10月初旬に再開して月末には決まったので、結果的に1社決め打ちでご縁をいただいた感じです。

ーーすごいスムーズですね!ミートキャリアを利用した影響はどうでしたか?

キャリアプログラムを通じて自分のことが深く理解できたことで、転職軸を見直し、自分の話をエピソードも交えてちゃんと伝えられたからだと思います。

転職軸は見直した結果、『職種はカスタマーサクセス(以下CS)』『組織風土や事業を通じて何を目指しているかに共感できること』の2つがわかりました。内定をいただいた求人はまさに希望にピッタリでしたね。

ーーピッタリの求人に出会えたとは...!秘訣となった2つの転職軸についてですが、1つ目の希望職種を営業企画からCSに変えた理由は何ですか?

能力発見のワークで、自分が持っている『対人力』『対課題力』がCSに活かせる強みだとわかったことです。

私の一番の強みは人間関係構築力で、自己開示が苦ではないとか、目の前の相手に貢献したい気持ちが強いとか、いくつかその能力を支える特性を見つけることができました。業務経験の振り返りでも、お客様との関係を築いたことで、大きな契約を取ったりアップセルで成果を出せたエピソードもあげられたんです。

そういった要素を整理したら、これは顧客接点が多く課題解決ができる『CS』で活かせそうだと気付きました。

ーーまさにCSに求められる要素ですね!

ですよね!自分で認識していた強み自体は変わってないのに、なんで今まで気付かなかったんだろう(笑)

強みを活かせる職種にたどり着いたら、「こういう会社でこういう役割を担えたら、力が発揮できそうだ」って活躍するイメージができたので納得感がありましたね!

ーー2つ目の組織風土は、前回は特に意識してなかったですよね。今回重視したのはどうしてですか?

こちらも、プログラムを進めるうちに、自分は『業界』よりも『企業・組織の風土』が大事ということに気付きました。

私は、働く上で「ミッション・ビジョンや、事業を通じてやろうとしていることに共感できるかどうか」「そこに対して、貢献したいと思えるかどうか」がモチベーションに大きく関わる事がわかりました。業界よりも「どんな思いで事業に携われるか」といった風土の方が大事だったんですね。受けたのは結果的に全てIT系ですが、業界にはこだわりませんでした。

ーーなるほど。でも、希望する組織風土をエージェントに伝えるのは難しくなかったですか?

そうですね。ちょっとふんわり感がありましたが、私は正直に「自分は仕事にこういうやりがいを感じているので、こういうことを大切にしている事業や、組織風土のある会社が良い」と伝えました。それで求人が絞られたかはわかりませんが、いただいた求人はどれも興味が持てました。

そこからは、企業の採用HPやnoteなどをよく読んで、自分に合うかどうかの視点で見るようにしました。

ーー企業は伝えたい事をHPに載せるので、読み込むほどその違いを感じたでしょうね。

そうですね。前回の転職活動からかなりの企業のHPを読みましたが、意識して読むと違いが明白でした。特に、ミッション・ビジョンはふんわりした所も多いのですが、それが徹底されていそうな雰囲気や温度感を感じられる企業もあったので、そういう所は好感度が高かったです。

今回内定をいただいた会社は、ミッション・ビジョンを体現することをとても大切にされていたんです。それが、面接の場でも伝わりました。社員の皆さん1人ひとりの言葉から事業を通じて何に挑戦しようとしているかが見えたので、「すごい合いそう!」って。 面接2回を通して、カルチャーフィットを確かめた感じでしたね。

ーー叶えたかった仕事軸にピタッとハマった感じですね!

出会うべくして出会えたように思います(笑) エージェントから紹介された時は「フルリモート案件」の1つという位置付けでしたが、求人や企業情報を読むほど、プログラムで棚卸ししてきた価値観や組織風土にマッチするのがわかりましたから!

大切なのは、興味を持ったら小さく始めてみるマインド 

ーー自己分析を通して、自分を知るだけでなく求人を見る目も変わりましたか?

変わったと思います。ワークで何度も考えたおかげで、自分でも「できるしやりたい」と「できるけどやりたくない」の違いに敏感になりました。不思議なもので、良いなって思う求人はピカって光るんですね(笑) 

ーー職種が違うってわかってからの行動も早かったのではないでしょうか?

そうですね。ミートキャリアがいつも発信している事の1つに「興味を持ったら小さく始めてみる」がありますよね。サービスを使い続けているうちに、自分もそういうマインドになっていたようで、「CSかも?」て思った途端に「CSで受けてみよう」って動きだせました。

ーーミートキャリアの考えを実践してくださってありがとうございます!

自分のことを整理できたら人に伝わるように話せるようになったし、プログラムを通して、転職が叶っただけでなくいろいろな変化を感じることができました!

キャリアプログラムを検討している方へ

ーー最後に、キャリアプログラムの利用を検討されている方にメッセージをお願いします。

「なんかモヤモヤしてる、なんとかしたい」と思っているけど、何もできずに来てしまった人にぜひ受けて欲しいです。子育て中は、特に自分のことは後回しになりますよね。キャリアプログラムは、定期的に自分のことを考える時間やアプトプットを促してくれる仕組みになっているし、棚卸しした内容が形で残せるのでとても良いです。 

それと、第3者の視点、特に、いろんな人のキャリアを見てきたプロからの言葉にはすごく説得力があります。「こういう考え方をする人もいるけど、〇〇さんはここを大事にしたいんじゃないですか?」といったフィードバックは納得感ばかり。

過去の経験や自身の価値観を棚卸した上で、キャリアの土台や軸をつくりたいと思っている人にはぜひ受けて欲しいです。

ーー素敵なお話をありがとうございました!新天地でのご活躍も応援しています!

今後のキャリアにお悩みの方は、「LINEでキャリア相談」を使ってみよう

M.H.さんのように、「転職活動が上手くいかずに悩んでいる...」「面接で自信を持って話せてないと感じる...」「希望する職種が自分に合っているかわからない...」と感じる方は意外と多いです。
そんな時はミートキャリアをご利用ください。キャリアの棚卸しから自分の強みの発見、転職活動のサポートまで、専任のキャリアプランナーが伴走しながらサポートいたします。

気になった方はミートキャリアLINE公式アカウントを友だち追加して、「LINEでキャリア相談」を使ってみてください。

今なら、LINEでお悩みを送るだけで、キャリア支援のプロから回答がもらえる「LINEでキャリア相談」を無料で利用できます!
以下のような内容で悩んでいる方、下のボタンからLINE公式アカウントを追加して、ぜひご相談ください!
✅ 転職するか現職で頑張るか悩んでいる
✅ 書類や面接が通らず、転職活動の進め方で悩んでいる
✅ 今の仕事が合っていないと感じて、自分に合った仕事が知りたい

ミートキャリア_インタビュー記事サムネ_MHさん

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パナソニック株式会社に新卒入社し、電子デバイスの法人営業に従事。その後パートナーの転勤に同行するため退職、中国を経て、現在は台湾在住。専業主婦期間8年の後、2022年7月に株式会社fruorに参画。国家資格キャリアコンサルタント。

目次