転職の相談は誰にする?キャリアの悩みを解決するコツをご紹介

転職の相談は誰にする?キャリアの悩みを解決するコツをご紹介

転職の相談相手を誰にするかは、転職活動を進める上で非常に重要です。相談相手を間違えると、転職活動が長引いたり、想像と違う方向に進んでしまったりする場合もあります。自分に合った転職相手を見極めることが、効率良く転職活動を進めるファーストステップであると言えます。

しかし、実際に誰かに相談しようとしても
「誰に相談するべきかわからない」
「同僚には転職の希望があることは知られたくない」
「兄弟に相談したけれど、参考にならなかった」
……そんなお悩みのある方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、「転職を検討したとき誰に相談すべきか」についてご紹介します。転職の相談相手に悩んでいる方は、ぜひ最後までご覧ください。

目次

転職相談は経験者や専門家に頼ろう

結論、転職相談は経験者や専門家にするのがオススメです。その理由について、「知識や経験が豊富」「トラブルの回避」という2つにわけて説明していきます。

①知識や経験が豊富

専門家や転職経験者であれば、転職に関する知識や経験が豊富です。例えば「転職エージェント」は、数多くの転職事例を知っている転職のプロです。市場の最新情報やノウハウをもとに、一人ひとりにあったサポートをしてくれます。

また、転職経験者に話を聞くのもオススメです。似たような経験をしている場合もあるので、的確なアドバイスをもらえる可能性があります。転職についての実体験を聞くことで、転職活動の見通しを立てたり、転職後のイメージを膨らませたりすることもできるでしょう。

②トラブルの回避

相談相手を間違えると、思わぬトラブルにつながる可能性があります。現職の方に転職に関する相談をする、転職を匂わせる言動をするのはオススメできません。どこかから情報が漏れ、職場との関係性に亀裂が入ってしまう可能性もあります。円満退職を目指したい方、現職に波風を立てたくない方は特に、現職の関係者への相談には慎重になりましょう。

また、友人や家族などの身近な方に相談する場合も注意が必要です。距離の近い関係だからこそ、個人的な主観で意見を伝えたり、お互いに言いすぎてしまったりする場合もあります。建設的な意見を聞きたい、冷静な市場分析をしたいときには、身近な方に相談するのは避けたほうがよいでしょう。

転職相談の悩みはさまざま

「転職相談」と一口で言っても、その内容は人によってさまざまでしょう。ここでは転職に関わる悩みのなかでも、よくあるものをまとめました。ご自身の悩みと照らし合わせながら確認してみてください。

職場の条件や環境

現在勤めている職場に対する、労働条件や環境面についての悩みです。例えば、以下のようなものがあります。

・給与
勤務内容に給与が見合っていないと感じる。
スキルを活かして、年収アップできる企業で働きたい。
給与は下がってもいいから、自分の得意なことを仕事にしたい。

・勤務時間
あまりに激務で、改善される様子もない。
残業前提の業務量で、心身共に限界である。
フレックス制など、融通の利く働き方に魅力を感じる。

・人間関係
現在の上司・同僚とそりが合わない。
コミュニケーションがうまく取れない。
部署内でのトラブルが多く、精神的に疲弊してしまう。

業界や企業の将来性の不安

次に、企業や業界全体に対する将来性への不安がある場合です。「このままこの業界にいても大丈夫?」「業界全体が右肩下がり。給与が上がる未来が見えない」「長時間労働が当たり前の社風に将来性を感じない」などの悩みはないでしょうか。思い切って他業種へ転職しようと検討している方もいらっしゃるかもしれません。

将来性を不安に思っての転職の場合、転職希望の業界・企業にも同様の内容が当てはまっていないか?を確認するのを忘れないようにしましょう。将来性が不安であることを数値で示せるようにしておくと、面接で転職理由を問われた時も安心です。

プライベートなど自分自身の変化

最後に、自分自身の変化による悩みです。結婚や出産などによるライフステージの変化で、「ワークライフバランスを大事にしたい」という希望が出てくる場合もありますよね。妊娠・出産後の、家庭とキャリアとの両立に悩む方も多いのではないでしょうか。

また「同じ業務の繰り返しで刺激がない」「別の仕事に興味が湧いてきた」など、今の仕事内容にやりがいを感じなくなった、という方もいらっしゃるかもしれません。自分の置かれた立場によって、価値観や考え方は変化していくものです。自分自身の変化に合わせて、適切なキャリア選択をしていきたいものですね。

転職相談は自分にあった相手に

転職に関わる悩みが人それぞれであるように、適した「転職相談相手」も状況によって変わります。自分にあった相手に相談することで、スムーズに解決策を得ることができるでしょう。ここでは、オススメしたい相談先を3種類ご紹介します。

気軽な相談は退職済みの同僚や元上司などの経験者

退職済みの元同僚・元上司などの転職経験者に相談するのが、最も気軽です。経歴やスキルをどのようにアピールしたのか、業種・企業をどのように絞ったのかなど、具体的な意見を聞けます。

転職後の様子も合わせて知ることができるので、転職するかどうか悩んでるという方にとっても参考になります。ただし、ここで得られるのはあくまでも退職済みの方が転職する時点での情報なので最新情報ではないため、現在とは変わっている可能性がある点にご注意ください。

具体的な転職先を探すならハローワークや転職エージェント

転職の意思を固め、具体的な業界・企業を絞りたいというタイミングになったら、ハローワークや転職エージェントの利用を検討しましょう。それぞれの特長を順番に説明していきます。

①ハローワーク
ハローワークは、国が運営している職業案内所です。求人情報の検索や、無料の求人紹介を利用することができます。全国の都道府県にあるので、地域の求人を探したいときにオススメです。

②転職エージェント
転職エージェントは、人材紹介サービスの1つです。転職に関わる相談に乗ってくれたり、転職市場の最新情報を提供してくれたりと、転職活動を全面的にサポートしてくれます。転職先の企業とのマッチングも行ってくれるので、自分で求人を探す時間がない方にも便利です。

キャリアプラン設計はキャリアカウンセリング

キャリアカウンセリングとは、一人ひとりに合った職業選択をサポートする「キャリア伴走システム」です。職業や企業とのマッチングを行うだけでなく、よりよい人生を歩んでいけるキャリアプラン設計を行います。

「転職したいけれど勇気が出ない」「自分になにが向いているかわからない」といったもやもやから、「市場のトレンドが知りたい」という具体的な質問まで、転職に関わるさまざまな相談に対応可能です。そもそも転職するかどうか悩んでいる、今後のキャリア全体を踏まえたプラン設計をしたいという方にオススメの相談先です。

転職のもやもやはキャリアカウンセリングに相談を

キャリアカウンセリングは、納得のいく転職になるよう、転職活動が終わるまで一緒に考えてくれるサービスです。具体的には、以下のようなカウンセリングを受けることができるので、参考にしてみてください。

1.自分自身の強みや特性

強みや特性は、自分自身の目からではなかなか気づけないものです。キャリアカウンセリングで客観的に判断してもらうことで、気づかなかった強み・特性を知ることができます。
また、このタイミングで「スキルの棚卸し」をしておくのもオススメです。スキルを見直し、言語化しておくことで、選考・面接での自己アピールにも役立ちます。

2.適切な企業探しのアドバイス

キャリアカウンセリングは、転職市場に関する幅広い知識をもつプロが担当します。希望する業界・職業・企業に関する情報を提供してもらえるのはもちろん、一人ひとりの適正に合った企業探しのアドバイスまで対応してくれます。自分に向いている業種がわからない、どのような企業であれば自分の強みを生かせるのか知りたい、といった悩みを相談したい方にもオススメです。

3.職務経歴書の書き方や面接対策をサポート

転職を希望する方には、履歴書・職務経歴書の書き方アドバイス、面接対策も行っています。特に職務経歴書は、決まったフォーマットがないぶん、業界ごとに書き方にコツがあります。どのようにスキルをアピールするべきか、プロ目線のアドバイスを受けられます。

履歴書や職務経歴書について相談したい場合、どのような仕事をしてきたか、どんな経歴があるのか、どんなスキルがあるのかなど、今までの経験を事前にまとめておくとよいでしょう。限られたキャリアカウンセリングの時間を、最大限に活用できるためです。職務経歴書の添削を受けながら、スキルにあった業種のアドバイスを受けることもできますよ。

転職相談サービスを選ぶ3つのポイント

では、実際に転職相談サービスを使ってみたいと思った場合、どのようなポイントに気をつければよいのでしょうか。転職相談サービスを選ぶときのポイントを3つにまとめました。

1.働きながらもサービスを受けられるか

まず、働きながらでもサービスを受けられるかは必ずチェックしておきましょう。例えばハローワークの場合、開庁時間は平日8時30分~17時15分です。有給休暇が取りやすい、シフト制で平日休みがあるなどの場合をのぞけば、ハロー―ワークに通うのは難しいと言えます。効率的に転職活動を進めたいのであれば、現職の業務と並行して利用できるサービスであることは重要です。

2.実績や相談員の顔がわかり信頼できるか

次に大切なのは、信頼できるサービスかどうかです。登録前に、そのサービスが今までどのようなサポート実績を上げてきたか、利用者の口コミの内容などの評価をチェックします。また、相談員の顔ぶれも確認しておきましょう。

転職相談サービスでは、担当者がマンツーマンであなたの悩みに寄り添います。相談員の印象だけでなく、性別や家族構成などの属性を踏まえ、安心して利用できそうかを考えてみてください。どんな人がいるのかが事前にわかっていれば、利用開始後のミスマッチも起こりにくいです。

3.支払いできる金額感か

最後に、利用料金です。自身で支払いができる金額感であることに加えて、「サイトなどに書かれている料金体系がわかりやすいかどうか」もチェックしましょう。基本料金がリーズナブルに見えても、手数料などの追加料金が発生することもあります。

また、利用を開始してから「こんなはずではなかった」とギャップを感じてしまう場合もあるので気をつけてください。

・金額に見合わないサービス内容だった
・担当相談員との相性が合わない
・思っていたようなサポートを受けられなかった
・現職の仕事が忙しく、使いこなせなかった
といったミスマッチが考えられます。

こういったトラブルを防ぐため、サービスに申し込む前にまず「無料相談」を利用するのがオススメです。サービスが本当に自分に合っているか、納得できる金額感なのか、無料相談で確認することができます。高額にもかかわらず無料相談が用意されていないサービスは、利用を避けるのが無難かもしれません。

転職相談ならミートキャリア!まずは無料カウンセリングから

ミートキャリアでは、キャリアカウンセリングの無料相談を行っています。

「私の強みっていったいなに?どんな仕事が向いているの?」
「転職が頭をよぎるけれど、自信がなくて踏み切れない」
「これからのキャリアに不安がある」

そんなもやもやを抱えてお悩みの方は、まずは無料相談へお越しください!キャリア相談のプロであるキャリアプランナーが、一人ひとりのお悩みに合わせたキャリアプランをご提案いたします。

転職相談ならミートキャリアの「LINEでキャリア相談」を使ってみよう

今なら、LINEでお悩みを送るだけで、キャリア支援のプロから回答がもらえる「LINEでキャリア相談」を無料で利用できます!
以下のような内容で悩んでいる方、下のボタンからLINE公式アカウントを追加して、ぜひご相談ください!
✅ 「私の強みっていったい何?どんな仕事が向いているの?」
✅ 「転職が頭をよぎるけど、自信がなくて踏み切れない」
✅ 「これからのキャリアに不安がある」

転職の相談は誰にする?キャリアの悩みを解決するコツをご紹介

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2児ママ× 元国語教員×ライター。私立中高一貫校講師→公立中正規教員→私立高校講師×ライターを経て、2023年フリーランスに転職。持続可能に「好き」を楽しむ生き方を目指して活動している。5歳・3歳兄弟を育児中。趣味は手帳を書くこと、専門は古典文学。

目次