【30代女性の転職】スキル・資格なし転職を成功させる3つのコツ|事例付き

【30代女性の転職】スキル・資格なし転職を成功される3つのコツ

「スキルや資格がない30代女性は転職を諦めなくてはならない」これは大きな誤解です。スキルや資格がなくても、転職を成功に導く方法があります。こちらの記事では、転職成功のポイントを失敗行動とともに事例付きで紹介しています。

目次

スキル・資格なしの30代女性の転職事情

スキルや資格がなくても転職できるかどうかを確認されたい方は多くいらっしゃいます。まずは、実際の転職市況感を見てみましょう。

30代女性の転職市況

令和2年の厚生労働省の調査によると、女性の転職入職率は30〜34歳で14,0%、35〜39歳で10,7%の結果が出ており、同年代の男性より高い数字です。

転職入職率とは、一定の期間に、新たに採用した労働者の割合を表す数字です。この数字が大きいと、それだけ多くの人を採用していることを示しています。

30代女性の転職自体は珍しいことではなくなっています。転職理由としては、職場の人間関係、労働時間や休日など、働き方の不一致が上位にあがっています。

30代は妊娠出産など子育てにおけるライフイベントが起こりやすく、より良い環境を求めて転職を考える人も増えていると言えるでしょう。
参照:厚生労働省|令和4年雇用動向調査結果の概況-

スキル・資格なし30代女性の転職が難しい理由

30代の採用は、ポテンシャル採用ではなくキャリア採用です。

ポテンシャル採用とは、人柄や素質などの潜在能力、いわゆる伸びしろを期待して採用を決めることで、20代の若手人材を対象にすることが多いです。一方、キャリア採用とは即戦力人材を採用することで、管理職ポジションへの期待を込めた経験者を受け入れることが多いです。

スキルや資格がない場合、応募要件を満たせず仕事探しに苦戦したり、未経験転職求人の倍率が高いことで応募してもなかなか通過せずに諦めてしまったり、転職の難度は高めです。

では、転職を成功させるためには何をすればよいのでしょうか。次項で見ていきます。

スキル・資格なしの30代女性向け転職成功3つのポイント

転職成功の可能性を高める方法をご紹介します。ポイントは、雇用形態にこだわらないこと、内定をもらいやすい職種を選ぶこと、応募や選考時に転職テクニックを活用することです。

1. スキル・資格なしでも転職しやすい求人を探す

30代女性でスキルや資格のない方が未経験転職を希望される場合は、正社員だけではなく、契約社員や派遣社員も選択肢に入れることをおすすめします。

転職は雇用形態にこだわらなければ、可能性が広がります。30代の正社員採用は、経験者優遇のことが多く、未経験者は書類選考の時点で落とされてしまうケースが少なくありません。

30代女性向けの未経験正社員求人は多くないため、はじめから正社員を狙うのではなく、パートやアルバイト、契約社員、そして派遣社員も視野に入れてみましょう。

契約社員や派遣社員として実務経験を積み、正社員転職を目指すこともできます。また、契約社員や派遣社員から、正社員登用で正社員になれる可能性もあります。

2. スキル・資格なしでも転職しやすい職種を選ぶ

内定をもらいやすい仕事は、有効求人倍率で見ることができます。有効求人倍率とは、企業がハローワークに求人を登録する数(有効求人数)を働きたい人の数(有効求職者数)で割り、算出します。

有効求人倍率が1よりも大きくなればなるほど求人に対して、希望者が少ない状態です。そして、1より小さい場合は、求人に対して希望する人の数が多い状況なので、ライバルが多いと置き換えられます。
2022年3月東京都の職種別有効求人・求職状況によると、求人倍率が3ポイントを超えている職種は次の通りです。

・サービスの職業

家庭生活支援サ ー ビ ス、介護サービスの職業、保健医療サービス、生活衛生サービス、飲食物調理の職業、接客・給仕の職業、居住施設・ビルの管理 など

・保安の職業 

・建設・採掘の職業

建設躯体工事の職業、建設の職業、電気工事の職業、土木の職業、採掘の職業 など

・福祉関連の職業 

介護関連(福祉施設指導専門員、福祉施設寮母・寮父、ケアマネージャー、家政婦(士)、 ホームヘルパーなど)

参照:東京都ハローワーク|職業別有効求人・求職状況 及び 求人・求職賃金状況

対人の仕事としては、サービス職や介護職の仕事は就きやすい傾向があります。介護職は、資格の必要なポジションが多いですが、無資格者でも条件付きでできる援助業務や事務作業があります。

なお、スキル・資格なしでできる仕事として事務職を検討される方も多いため、補足をします。同調査では、事務職は有効求人倍率0,42と、1を下回っており、希望する人の数が求人を上回っていることがわかります。

さらに、事務職は営業事務、経理事務、人事労務、総務事務など種類が多く、専門性スキルや資格が求められるものも含まれているため、転職難易度は高めであると言えます。

※有効求人倍率は、時期や地域によっても差があるため、最新の情報を各地域のハローワークにて確認しましょう。また、前述の数字はハローワークにおける結果となり、転職手段によっても市場感は異なります。

3. スキル・資格なしでも転職しやすくなるテクニックを活用する

スキルや資格がなくても、内定をもらいやすくなるテクニックを2つ紹介します。

・応募方法を工夫する

転職の手段は主に次の5つです。転職サイトからの応募、転職エージェントの活用、直接応募、ビジネスSNSの活用、そしてリファラル応募です。

スキルや資格がない30代女性の転職におすすめなのは、直接応募とリファラル採用です。

直接応募とは、応募をしたい企業のWebページを通して応募する方法です。企業側には転職サイトやエージェント経由で応募するより好まれる傾向があります。

理由としては、採用獲得に企業側のコストがかからないためです。転職サイトには求人掲載料がかかりますし、エージェントを通しての採用は年収の約30〜40%のコストがかかります。自社媒体はコストがかからないため、歓迎される応募手段のひとつです。

そして、リファラル応募とは知り合いの紹介による応募です。知り合い経由での応募のため、入社後のミスマッチが少なく、近年採用手法として力を注いでいる企業が増えています。

株式会社MyReferが2019年に実施した調査によると、リファラル採用の合格率は20%にのぼり、通常応募合格率の約14倍という結果が出ています。

参照:株式会社MyRefer|イマドキの若者は先輩・知人の声で就職先を決めたい 新卒リファラル採用、応募からの内定率が通常の14倍に

・類似経験をアピールする

企業がいちばん知りたいのは、募集しているポジションの仕事を任せられるだけの経験やスキルがあるかどうかです。逆に言えば、それ以外の経験やスキルの詳細はあまり注視されません。

スキルや資格がない場合もアピールするポイントさえ抑えておけば、選考通過の可能性が高まります。具体的には、応募ポジションと経験業務内容の共通点を探します。

例えば、接客業から事務職への転職を検討しているケースでは、社内外の人とのコミュニケーションに慣れている、数字管理をしている、繁忙期閑散期の向き合い方を知っているなどが類似経験としてあげられます。

全く同じ職種の経験がなくても、類似経験をアピールできれば可能性が広がります。類似業務の他、仕事のし方や役割からも共通点を見つけてみましょう。また、そのポジションに関連する資格取得を目指している場合は、”受験予定”と積極的にアピールしておきましょう。

スキル・資格なし30代女性の転職失敗行動

転職が頭をよぎった際、最初にやってはいけない行動を2つ説明します。

スキルスクールに課金する

「スキルや資格があれば転職できる」これは正しくありません。特に資格取得に関しては、実務経験や実績が伴ってはじめて転職しやすい状態がつくれます。

資格の種類にもよりますが、30代の場合、”資格は持っているが実務経験はない人”より、”資格は持っていないが実務経験が豊富な人”の方が求められやすい傾向にあります。

スキルスクールに多大な金額を投資し、転職には活かせなかったという相談は増えています。スキル習得を検討する際は、実務経験をどのように積むかをセットで考えましょう。

転職エージェントに駆け込む

転職エージェントは、法人の採用支援によって報酬を得ているビジネスモデルです。内定者が出ることで収益が発生するため、個人のキャリア支援より法人の採用支援の役割が強くなります。つまり、内定獲得の可能性が高い人の対応が優先されやすいのです。

30代における内定が出やすい人とは、キャリア採用の視点から、専門性スキルが高い、実績がある、管理職経験者などです。エージェントによりますが、紹介できる求人はないと言われ転職を諦めたというケースも耳にします。

30代のスキルや資格なし転職の場合、最初からエージェントに駆け込むのではなく、まずは自己分析を行い、過去の実績と自分の希望を整理しましょう。手に入れたいものとアピールポイントを明確にした上でエージェントに相談すると、あなたの望む求人を紹介してもらいやすくなります。

スキル・資格なしの30代女性におすすめの転職相談先

これまで、30代女性のスキルや資格なし転職に必要な情報を事例付きでご紹介してきました。スキルや資格がなくても、戦略を立てて行動すれば転職は可能です。

30代女性の転職に強いミートキャリア

ミートキャリアは、5,000件以上の有料キャリア相談で聞いたリアルなお悩みをベースに構築したキャリアプログラムを提供しています。

利用者の約80%が30〜40代の女性です。ワーママ転職、時短転職、未経験転職、はじめての転職、数ある成功事例を元に、自己分析から転職活動伴走、転職後のメンタリングまでサポートしています。

ミートキャリア|強みがわかり強み...
ミートキャリア | 自分らしく“はたらく”をかなえるキャリアパートナー ミートキャリアは、自分の能力・特性、適職やポジションなどがわかり、最適なキャリアを選べるようになるサービスです。 20個以上のコンテンツから、目的に合わせて、最適...

30代女性のブランク転職成功例

8年間の専業主婦歴を経ての転職活動。書類通過率11%を100%にあげられた理由は、スキル習得ではなく自己分析でした。エージェントからは「紹介できる求人はない」とさじを投げられていましたが、自分の強みを明確にして選考に臨んだことで内定を獲得できました。

note(ノート)
書類通過率11%→100%にUPで内定獲得! ブランク8年のわたしに必要なのは“新たにスキル習得すること”じゃな... 「なぜかわからないけど、今の仕事が苦しい」。思い悩んで転職活動を始めたA.T.さん。転職エージェントでは「紹介できる求人がない」と言われ、自主応募するも書類選考で不...

まずはミートキャリアの無料カウンセリングを受けてみよう

ミートキャリアでは自己分析〜面接対策までサポートを受けられるため、プロと一緒に戦略的に転職活動を進めることができます。

以下のようなことで悩んでいる方、下のボタンからLINE公式アカウントを追加して、無料カウンセリングへお越しください!
✅ 転職するか現職で頑張るか悩んでいる
✅ 書類や面接が通らず、転職活動の進め方で悩んでいる
✅ 自分に合ったキャリアプランが立てられない

【30代女性の転職】スキル・資格なし転職を成功される3つのコツ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

株式会社イーオンに新卒入社。マネージャーとエリア人事責任者を経験。運営立て直しや新規開校にも携わる。育休中に国家資格キャリアコンサルタントを取得後、フリーランスとしてキャリア支援を行う。2021年5月、株式会社fruor参画し、サービス開発をメインに担当。

目次