転職が怖いのを克服するには何をすればいい?成功事例を紹介

転職が怖いのを克服するには何をすればいい?成功事例を紹介

転職への不安を克服するには、まず不安の原因を明確にし、自分のスキルや経験、人間関係の変化、経済的不安定さなどの具体的な懸念を言語化することが重要です。この記事では、転職が怖いを克服するために、何をすればよいのかをまとめました。

目次

転職が怖い原因を明確にする

転職を考える際に感じる怖さの原因を追求します。まず、不安要因を紙に書き出してください。言語化すると怖さの原因が具体化します。実はこれだけでも不安は少し解消します。

頭の中にあるだけのもやもやした状態だと、より不安が増してしまうものです。漠然とした不安を言語化しておくと、それを解消するための解決策を考えることができます。

スキルと経験不足の不安

自分のスキルや経験が新しい職場の要求に合わないのではないかという不安は、転職を考える多くの人が持っているものです。キャリアの棚卸しをして、スキルを言語化しておきましょう。

棚卸しは、自己流でもできますが、キャリアカウンセラーにお願いするとより深く自己分析することができます。自己分析がしっかりできれば、自信を持つことができるようになり、不安にも向き合うことができます。

人間関係の変化に対する不安

転職すると、異なる企業文化やチーム内の人間関係に適応する必要があります。新しい人間関係を構築する際の不安を克服するには、コミュニケーションスキルの向上を図りましょう。

コミュニケーションがうまくなるコツは、積極的に相手に話しかけるなど実戦を積み、他人とのコミュニケーションに慣れることです。何度も体験することで、コミュニケーションスキルは自然と身につき、不安は解消していきます。

経済的な不安定さへの不安

転職がもたらす一時的な収入の不安定さは、家計を支える主な収入源に依存している場合、大きな心配事ですね。

転職に伴う収入の不安定さを軽減するには、事前に計画を策定して在職中の転職を目指し、貯蓄を準備し、経済的影響を最小限に抑え、転職期間中の安定を確保しましょう。

「転職は怖くない」心理的に準備をしておく方法

転職への不安を乗り切るために、成長型のマインドセットを整えておきましょう。失敗をポジティブに捉え、学ぶ姿勢で挑戦することが、転職への恐怖に打ち勝つポイントです。

変化を恐れるのは人間の「本能的な生存戦略」

変化を恐れるのは、人間にとって自然な反応です。私たちの脳は、生き残るための本能を優先して進化してきました。未知の変化は、潜在的な脅威とみなされるので「怖さ」を感じて避けようとしてしまうのです。

ただし、恐怖が怠惰につながってしまうと、成長のチャンスを逃してしまうことになります。未知のものへ挑戦するときに、「めんどくさい」と感じているなら、それは恐怖ではなく怠惰です。変化に対する恐怖を乗り越え、新たな挑戦に勇気を持って取り組んでいきましょう。

ポジティブな思考の力で動く

ポジティブなマインドセットは、転職活動を通じてモチベーションを維持するのに役立ちます。転職活動時には、自分の能力やスキルは、努力や経験を通じて発展させることができるという考え方の「成長型マインドセット」を持つことが適切です。

困難や失敗を成長の機会と捉え、未知のものにも恐れずに、挑戦する意欲を持ちましょう。ポジティブな姿勢を保ちながら、自己啓発に励み、柔軟な思考で転職活動に臨むことが成功に繋がります。

「失敗の検証は、成功への近道」でストレスを乗り切る

転職活動は、長期化することも多く、すぐに答えが出る挑戦ではないので、ストレスが伴います。特に、書類審査で落ちたり、面接でうまく答えられなかったりすると、焦ってしまうし、気持ちも落ち込んでしまいます。

ストレスを感じたら、「失敗の検証は、成功への近道」という言葉を思い出してください。失敗には次の挑戦のためのヒントがたくさん詰まっています。面接に落ちたらヘコむだけではなく、一人反省会をやりましょう。頑張った自分を褒めてあげながら、どこが良くなかったのかを検証してください。

自信を持ち、自分を強化するキャリアカウンセリング

自信をつけ、自分を強化するためのキャリアカウンセリングは、転職活動の不安を乗り越える強力なサポーターになってくれます。ミートキャリアのカウンセリングの成功事例と共に、キャリアカウンセリングが転職を成功に導く理由を考えます。

自分に自信をもつためのキャリアカウンセリング

転職活動を怖いと感じる理由として、多くの人が「自信がない」という理由を挙げます。自信の欠如を克服するためには、まず自己認識を高め、自分の強みや達成したことを自覚することが大切です。

自己分析をして、強みを明確にしていくと、自分のやれることが意外と多いと感じるものです。ただ、自己流のカウンセリングには限界があります。専門のカウンセラーからのアドバイスを受けることで、見落としていたアピールポイントに気づくことがあります。自分の魅力を知り、自信を持つために、キャリアカウンセリングを考えてみてください。

キャリアカウンセリングの成功事例から学ぶ

ミートキャリアカウンセリングを受けて、転職に成功した事例から、転職を成功させるコツを考えていきましょう。

M.Y.さん(30代)面接で落ちつづけた状態から年収アップで転職成功!丁寧な自己分析と企業分析がもたらした「確かな自信と選択軸」

足掛け1年半、山あり谷ありの転職活動を乗り越えたM.Y.さん。書類は通過するのですが、面接で通らないことが多く、どん底に落とされた気分だったM.Y.さんが、自己流の自己分析では不十分な部分を、ミートキャリアのプログラムを活用したことで言語化できるようになり、転職に成功されています。

記事はこちら

https://magazine.meetcareer.net/interview11/#index_id2

M.Y.さんが転職に成功した3つの理由

自己分析で面接の苦手意識を克服

自己分析によって自身の強みや価値を明確にしたことで、面接に対する苦手意識を克服できた。面接は、選ばれる場ではなく、コミュニケーションを取る場だと、マインドチェンジができた。

面接での自己表現が好感触につながる

自己理解を深めたことで、面接で自己表現ができるようになった。「活き活きと働く自分」をイメージし、そのビジョンを明確に伝えることができた。

起業の選択の精度をあげる

自己分析を通じて、理想的な働き方を明確にしたことで、企業選択の精度を大幅に高めることができた。フィット感のある企業だけに絞り込み応募することで、より質の高い面接の機会を得ることができた。

ミートキャリアの「LINEでキャリア相談」を使ってみよう

今なら、LINEでお悩みを送るだけで、キャリア支援のプロから回答がもらえる「LINEでキャリア相談」を無料で利用できます!
以下のような内容で悩んでいる方、下のボタンからLINE公式アカウントを追加して、ぜひご相談ください!
✅ 転職するか現職で頑張るか悩んでいる
✅ 書類や面接が通らず、転職活動の進め方で悩んでいる
✅ 今の仕事が合っていないと感じて、自分に合った仕事が知りたい
転職が怖いのを克服するには何をすればいい?成功事例を紹介

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

英語専門学校卒業後、書店員⇒商社⇒ラジオ局⇒TV局を経て、2015年にフリーライターへ。多彩なキャリアと、リサーチ力、分析力、言語化力を生かして、読者の役に立つ情報をお届けします。猫と、カフェと、本が好き。映画と海外ドラマで気分転換しています。

目次