仕事と家庭を両立できる働き方にチェンジ!「ミートキャリアは子育て世代の最後の砦」と語る理由とは

仕事と家庭を両立できる働き方にチェンジ!「ミートキャリアは子育て世代の最後の砦」と語る理由とは

パートナーの出産をきっかけに、これまでのハードな働き方から仕事と家庭を両立できる働き方に変えたいと、転職を決意したK.S.さん。ミートキャリアのキャリアプログラムを経て、見事に転職を成功させました。

「今の世の中には子育て世代の味方が少ない」と語るK.S.さん。ご自身の転職活動においても「子育て中の方、歓迎!」と求人に書いてあるにも関わらず、面談中に子どもの声がすると微妙な反応をされるなど、理不尽さを感じる場面があったそう。

逆風を感じる転職活動の中で、子育てへの理解が深いミートキャリアのプランナーやトレーナーの存在が大きな支えになったといいます。

「ミートキャリアは子育て世代の最後の砦」と話すK.S.さんに、ミートキャリアを選んだ決め手や子育て中の転職活動で感じたこと、キャリアプログラムの活用方法などを伺いました。

目次

新卒の就活でやらなかった自己分析をきちんとやりたい

ーーまずは簡単に自己紹介をお願いします。

新卒から7年間、中小企業向けにコンサルティングを手掛けるベンチャー企業に勤めています。子どもが生まれたのをきっかけに仕事と家庭を両立する働き方をしたいと思い、キャリアプログラムを受講しました。

キャリアプログラムを経て無事に転職が決まり、今年の夏から新しい会社で働く予定です。

ーーおめでとうございます!ミートキャリアを利用する前のお悩みについて教えてください。

転職活動を始めるにあたって、サポートをしてくれるサービスを探していました。現職は東北地方からフルリモートで働いており、転職しても同じ働き方をしたいと思っていたんです。でも地方在住かつフルリモートでの転職は難航しそうだと感じていて。

それに加えて、僕は新卒の時に王道の就活プロセスを経ていないんです。いきなり求人サイトを見て、気になった企業にアタックして入社した感じだったので。

ーーなるほど。一般的な就活では自己分析に取り組む場合が多いですが、そのご経験がなかったのですね。

そうなんです。だから、一度きちんと自分と向き合った上で転職活動をしたほうがいいのではないか、と。あとは初めての転職で不安も大きかったので、プロの力を借りたいという思いもありました。

子育てをしながらだと、転職活動にあまり時間を割けないじゃないですか。現職も忙しいですし、限られた時間の中で頑張らないといけない。

もし転職先が合わなかったとしても、気軽にまた一から転職活動をやり直すことができないので、慎重に進めたい気持ちが大きかったですね。

ーー確かに子育て中でリソースが限られていると、万が一失敗したときのダメージも大きいですよね。そのような状況でミートキャリアを選んでくださった理由を伺えますか。

いくつか他のサービスとも比較検討しました。ただ、他はメッセージの圧が強くて自分には合わないなと感じたんです。「短期間で人生を変えよう!」「自分を変えなければ人生が変わりません!」みたいな(苦笑)。

個別説明会にも参加したのですが、そこでも「今後の目標は?」「どんな自分になりたいですか?」と質問攻めにされて。それを見つけたいからここに来ているんだけどな……と。

一方でミートキャリアは、「そのままのあなたでいいですよ」と今の自分を肯定しつつ寄り添ってくれる感覚がありました。話していて子育てへの深い理解や配慮も感じましたし、自分にはここが合っていると感じて受講を決めました。

転職活動で感じた「子育て世代の働きにくさ」

ーー転職先について教えてください。

産業用ロボットの製造販売を展開する企業で、プロジェクトマネージャー(PM)として働きます。現職と同じく、東北地方からフルリモートで勤務する予定です。

ーーそちらを選んだ決め手を伺えますか。

まずは、事業立ち上げや業務改善のコンサルティングといった、これまでの経験を活かして働けること。あとは経営層や管理者層に子育て世代が多く、仕事と家庭の両立に対する理解が浸透している点ですね。例えば、子育て中の人の時間的制約を社内全員が認識しているんです。だから基本的に夕方以降は仕事が入りません。

こうした環境のおかげで今までより時間に余裕ができるので、家庭生活との両立はもちろん、自分がやりたいことに時間が使える点も転職先を選んだ決め手の一つです。

ーー「やりたいこと」とは、どんなことですか?

僕たちみたいに子育てをしながらとか、介護をしながらとか、働くことに制限がある人が虐げられない世の中を作りたいと思っていて。そのために何かできればいいなと考えています。

ーー素敵です!ミートキャリアのVISION「自分に合った生き方ができる社会の実現」とも重なりますね!

僕が地方に住んでいるから、子育て世代が働く難しさをより強く感じるのかもしれません。残念ながら地方だと、「子どもがいる」という理由だけで採用に不利になることもまだまだ少なくないんですよ。

それに僕自身が転職活動をしている中でも、理不尽さを感じる場面が度々ありました。求人に「子育て中の方、歓迎!フルリモート勤務です」と書いてあっても、面談中に後ろで子どもの声がすると嫌な顔をされてしまったり

制度としてフルリモートは可能だけれど、実際に働くとなると子育て中の人は肩身の狭い思いをするんだろうなと。組織風土が透けて見えた瞬間でしたね。

ーーミートキャリアへのご相談でもよく聞く話です。

こうした負の状況を解消するため、転職ではなく自分で事業を立ち上げようかとも考えたんです。でも今の自分の生活を考えると、転職して環境を整えるほうを優先しようと決めました。

キャリアプログラムを通じて自分のやりたいことがはっきりと掴めたので、まずはゆとりのある生活を手に入れて、その上でやりたいことの実現に向けて少しずつ進んでいければと考えています。

第三者に太鼓判を押してもらえることで自信がついた

ーーキャリアプログラムはいかがでしたか。

ワークに関しては、僕が書いたものに対して1回1回丁寧にコメントをくださった印象です。字面をなぞるだけの表面的な理解ではなく、書かれた内容から僕の考えをしっかりと汲み取り、理解した上でコメントしてくれているのが伝わってきました。

セッションでは、キャリアトレーナーさんと話すことで毎回「そうだった!」という発見がありました。各セッションのテーマに対して一言で自分を表せる言葉が見つかるので、セッションが終わると毎回すっきりした気持ちになったのを覚えています。

ワークで自分の中にあるものを一度書き出すことで内省が進み、それを土台としてセッションを受け、さらに自分の理解が深まっていく。こうしたワークとセッションのペースが自分に非常に合っていたと思います。

ーー転職活動において、ミートキャリアが役に立ったことはありますか?

たくさんありますが、一番は自分がどのような人間なのかを第三者視点で確認できたことです。

自分でもなんとなく「このあたりが強みかな?」とは思っていても、なかなか自信が持てないじゃないですか。ワークやセッションの中で「これがあなたの強みですよ」と言ってもらえたことで、間違ってなかったんだなと。面接で話すときも大手を振って、したり顔で言えるなって(笑)。

やはり自分で思っているのと、人から言われるのでは説得力に雲泥の差がありますよね。第三者視点で肯定してもらえたことで自分の強みに確信が持て、今後のキャリアの選択肢も増えた気がしています

キャリアプログラムを検討している方へ

ーー最後に、キャリアプログラムの受講を検討されている方にメッセージをお願いします。

ミートキャリアは、本当に寄り添って考えてくれる場所だと思います。他にもキャリアサービスや子育て世代に特化した相談サービスはありますが、ここまで親身に自分のことを考えてくれるところは他にないかもしれません。

個人的に、今の世の中に子育て世代の味方は多くないと感じています。面談に子ども同伴で参加するとか、子どもの体調不良で急に休むとか、そうしたことに否定的な反応も少なくありません。

でもミートキャリアは違います。「子育て世代の最後の砦」と言っても過言ではない。僕も最初の頃は不安気に子どもを抱えてセッションを受けたことがあるのですが、一切嫌な顔をせずに明るく対応してもらえました。担当のトレーナーさんだけではなく、ミートキャリアに関わる人全員が子育てへの理解度が高く、とても救われたんです

ミートキャリアは一人一人の考えや状況を尊重した上で、今できることを一緒に考えてくれます。これまでどこかで傷ついた経験がある人も、ぜひ安心して話をしてもらえればと思います。

まずはミートキャリアの無料カウンセリングを受けてみよう

自分なりの考え方と軸を持って転職活動を進めるためにも、まずはミートキャリアの無料カウンセリングを利用してみませんか?

ミートキャリアでは自己分析〜面接対策までサポートを受けられるため、プロと一緒に戦略的に転職活動を進めることができます。

以下のような内容で悩んでいる方、下のボタンからLINE公式アカウントを追加して、ぜひご相談ください!
✅ 転職するか現職で頑張るか悩んでいる
✅ 書類や面接が通らず、転職活動の進め方で悩んでいる
✅ 今の仕事が合っていないと感じて、自分に合った仕事が知りたい

仕事と家庭を両立できる働き方にチェンジ!「ミートキャリアは子育て世代の最後の砦」と語る理由とは

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

兵庫県在住のフリーライター。夫と6歳&0歳の息子と4人暮らし。神戸大学卒業後、公務員→派遣社員→BPO関連企業のPMを経て現在。キャリアコンサルタント資格や会社員時代の採用業務経験を活かし、人材系企業のオウンドメディア、スタートアップの採用広報などでキャリアをテーマにした記事を多く手掛ける。今年の目標は小1の壁と0歳育児をどちらも楽しむこと。

目次