ママ会社員の「仕事がつらい」にさようなら。解決方法6つをお伝えします

ママ会社員の「仕事がつらい」にさようなら。解決方法6つをお伝えします

家庭との両立が難しく、仕事がつらいと感じていませんか。

営業部門のマネージャーとして会社員をしながら、5歳の息子さんを育てる35歳の田中美咲さん。仕事と家庭の両立が難しく、ストレスが溜まっている実感があるといいます。さらに残業が多く、息子との時間が十分に取れないことが田中さんを一番悩ませているようです。

田中さんの他にも、同じように仕事と家庭の両立に悩んだり、子どもとの時間が取れずもどかしい気持ちを持っている30代のママ会社員も多いのではないでしょうか。

今回は時短で効果的に仕事をこなす方法や、家事や育児を効率的にこなす方法など、仕事にも家庭にも全力で打ち込めるような両立のコツをお伝えします。また、同じような状況の仲間と情報を共有できるコミュニティについてもご紹介します。

目次

ママ会社員の仕事がつらい理由

仕事と家庭の両立を目指しながらも、トラブルに見舞われるなどうまく進まないこともありますよね。ここではママ会社員の仕事がつらい理由について説明します。

1. 残業が多く、家族との時間がとれない

残業が日常的に発生して、家族との時間が不足することは、結果的に仕事のつらさにつながってしまいます。

仕事が長くなればなるほどその分疲れが溜まってしまい、家族とともに過ごす時間も体力も奪われてしまいます。結果として家族とコミュニケーションや共有時間が十分に確保できず、ストレスの原因になります。家族との絆を深めるためにも、残業時間の削減が必要です。

2.仕事と家庭の両立がうまくいかず、自分の時間がとれない

仕事と家庭のバランスは誰もが迷い悩んでしまう部分です。仕事が忙しくて家族との時間が取れないだけでなく、自分の時間を確保する余裕がないと余計につらく感じてしまいます。

また仕事に追われてしまうと休息を取ることも難しくなり、趣味などを通してリフレッシュする時間を持つことができず、心身ともに体調を崩してしまうことになりかねません。

3.上司や同僚とのコミュニケーションが難しく、ストレスを感じる

上司や同僚との人間関係も、場合によっては大きなストレスの原因になります。コミュニケーションが円滑に行えず意見や情報の共有が難しい状況になると、業務の進行やチームの一体感にも悪影響を与えてしまうでしょう。

その結果作業が増えてしまったり、ミスが頻発してしまうことでさらにストレスが増え、仕事がつらく感じてしまうかもしれません。

4.仕事の達成感ややりがいを感じる機会が少ない

仕事に対する達成感や、やりがいを感じる機会が限られていると、モチベーションを保つことが難しく、仕事に前向きに取り組めなくなってしまいます。業務の単調さや成果の見えにくさが意欲や興味を損ない、モチベーションの維持に影響を与えています。

ただでさえ仕事や家庭の両立、育児に追われているなかで、仕事にやりがいが感じられないとモチベーションの低下は避けられません。

5.仕事に対する責任が大きく、プレッシャーを感じることがストレス

配属や役職によって異なると思いますが、仕事には大きな責任が伴い、その重圧がストレスになることもあります。役職に就いて人をまとめるようなポジションであれば人間関係の問題が発生したり、営業など個人の成績が給与に反映される場合には金銭面の心配事が発生したりと複合的なストレスも考えられます。

業務の成果や決定が家族やチーム、会社全体に影響を与える場合、その責任感は一層重く感じられ、ストレスの増大につながります。

ママ会社員の仕事のつらさを解決する方法

ママ会社員にとって仕事のつらさやストレスの原因はさまざまです。少しでもそのつらさが解決できるような方法を6つご紹介します。

1.フレキシブルな勤務体制をとる

フレキシブルな勤務体制を取ることで、家庭との両立がしやすくなります。会社と交渉し、リモートワークやフレックスタイムに切り替えてみるのはいかがでしょうか。

時短勤務やフレックスタイム制度を使うことで、柔軟に勤務時間を選択できるようになります。家庭の都合や個人の生活スタイルに合わせた働き方ができ、家事や子どもとの時間も安定して作れるようになります。

さらにリモートワークに切り替えると通勤時間を削減することができ、その分家事や家族との時間、自分の時間を増やすことにつながります。仕事の場所や環境に栄養されず業務を行うことができるので、仕事の取り組み方として柔軟性も向上するでしょう。

子育て中の会社員に対して、保育補助や育児休暇、子供の病気時の特別休暇などの支援策を提供している会社もあります。使える制度は積極的に利用して、家族の時間を確保すると自分自身にも余裕ができ、結果的に仕事にも集中して取り組めるようになります。

2.タイムマネジメントの学習

仕事に時間がかかりすぎてしまい、家庭での時間が足りていないと感じている場合には、タイムマネジメントの学習をすることで効率的な時間配分や時間の使い方を知ることができます。

タイムマネジメントとは、どのように時間を効率的に使って行動するかです。タイムマネジメントの三原則は「意識」「見える化」「振り返り」です。

まずは普段の仕事を少しでもより短く、より質の良い状態で行えるように意識を持つことから始めてみましょう。無駄な作業やスキマ時間をなくすだけでも、少しずつ時間が確保できるものです。

さらに週や日ごとに予定を立てて見える化するために書き出してみるのも有効です。見える化することで、どの部分が円滑に進められているか、逆に予定より時間がかかっているのはどの部分か判断することができます。こうした振り返りで見直しをすることで、より効率的なタイムマネジメントができるようになります。

タイムマネジメントを学習したうえでタスクの優先順位をつけ、必要な場面では同僚や部下に仕事を依頼したり、引き継ぎしたりすること(デリゲーション)も大切です。

3.家事と育児の効率化の学習

仕事との両立をするためにも、家事と育児の効率化は欠かせません。時短ができるような商品やグッズは積極的に取り入れてみると良いでしょう。

購入費用は必要ですが、始めやすいのがロボット掃除機や食器洗い乾燥機、洗濯用乾燥機などです。自分で掃除機をかけたり、食器洗い、洗濯物干しをしていた時間を考えると、相当な時間削減になります。とくに必ず定期的に行わなければならない家事こそ時短ができると、積もり積もって大きな時間の削減につながります。

さらに家族で家事分担をするなど、協力を得ることも大切です。一人ですべての家事を行なうのではなく、できる部分は当番制にしたり、家庭のなかでできる人がやることで負担を減らしましょう。そのためには家族のなかでコミュニケーションを取って役割を話し合ったり、協力が必要であることを伝えることからはじめましょう。

家事と育児の効率化ができると、結果的に少ない時間であっても家庭での時間を充実させられるようになり、仕事との両立もやりやすくなります。両立がはかどるようになると家事育児での焦りが少なくなり、仕事のつらさも少しずつ軽減されるはずです。

4.家事代行サービスの利用

家事育児については時短グッズの活用と同時に、家事代行サービスなどの利用もおすすめです。

家事代行サービスを利用して家事や家庭の雑務を外部に委託することで、自身の時間を確保できます。

仕事の前にやるべき家事が終わっていない、仕事のあとの家事が山積みだと考えているだけでも仕事に集中するのが難しいものです。家事代行サービスを利用することで、仕事と家事の両立について心配することなく仕事に集中することができ、ストレスや悩み、焦りを軽減することができるでしょう。

もちろん家事代行サービスを利用することでその分費用はかかります。しかし家事の時間を節約できると、その時間を家族と共有したり自分の時間として使うことができます。さまざまなプランやオプションが用意されているので、普段よりも仕事が忙しくて時間がないときや、自分の時間を確保したいときなど限定的に利用することも可能です。

とくに家事代行サービスを提供するプロフェッショナルは、家事や掃除などの分野で専門的な技術や知識を持っています。サービスを利用しながら効率的かつ質の高い家事を知ることができ、日頃自分で行なうような家事にも活かせることがあるでしょう。

5.ママサークルの参加

同じような状況のママたちと交流するためのママサークルに参加し、情報共有や気持ちの共有、支え合いの場を持つことで気持ちが楽になります。

ママサークルに参加すると、同じような状況のママたちと交流でき、仕事や育児に関する情報を共有し合うことができます。お互いに「大変だよね」とつらさを共有するだけでも普段の生活の活力になるのではないでしょうか。

他にも、イベントやワークショップに参加するのも方法です。ママサークル主催のイベントでは、子育てや仕事に役立つ情報を学ぶこともできます。新しい友人や仲間ができると、気持ちの面で楽になるだけでなく、有意義な情報交換の場にもなるはずです。

さらにママサークルで楽しんでいる間は、子ども同士の交流の場にもなります。子どもの社会性やコミュニケーション能力の向上にも役立ちます。また、子どもたちが仲良く遊んでくれることでママの負担が軽減され、リフレッシュする時間を確保することにもつながり一石二鳥です。

6.キャリア相談サービスを受講

仕事と家庭の両立が難しく、その原因が仕事にあると感じている方は、キャリアアドバイザーやコンサルタントなど、キャリアのプロに相談するのがおすすめです。

ご自身の仕事の状況や現在抱えている悩み、トラブルなどを整理しながら、カウンセラーとともにキャリアプランや仕事の進め方を見直すことができます。なぜ仕事がつらいと感じているのかその原因がわかるだけで気持ちが軽くなることもあるはずです。

今の仕事がつらい場合は役職や配属を変更したり、転職を考えたりなど仕事へのアプローチを変えることで、ストレスを減らすことにもつながります。

しかしこれらをキャリアのプロに頼らず自分で進めるのは、余計に時間がかかり、心労が増えるばかりです。時間を節約し、効率的かつ着実に前進するためにもプロの力を借りるのが良いでしょう。

仕事がつらいときこそキャリア相談サービスを受けるべき理由

仕事がつらいと感じているときこそ、キャリア相談を受けるのがおすすめです。ここではその理由についてお伝えします。

1.仕事と家庭の両立の悩みを解消

キャリア相談サービスを受けてカウンセラーに話を聞いてもらうことで、まずは仕事と家庭の両立に関する具体的な課題や悩みを洗い出すことができます。さらにカウンセラーから解決策やアドバイスをもらえることで、最短で実践にうつすこともできます。

ママ会社員は仕事と家庭を両立させるための戦略やツールを学び実行して、ストレスを軽減することにつながるでしょう。両立ができる実感があると両方に対して前向きに取り組めるようになり、良いサイクルが生まれて仕事や家庭がより円滑に進められるようになります。

2.職業適性の評価とキャリアプランニング

キャリア相談サービスでは、個々の職業適性やキャリア目標を評価し、適切なキャリアプランを策定する支援があります。今の仕事がつらく、家庭などプライベートとの両立ができていない状況を一変させたいという思いがある人ほど、キャリアを見直す良いタイミングです。

ママ会社員は、キャリア相談を通して自身の能力や興味に合った仕事を見つけ、キャリアを積極的に管理することができます。現在の職場で仕事を続けていく意志がある人も、キャリア相談を利用することで仕事への向き合い方やより適切な役職、配属を知ることができるでしょう。

3.ストレス管理とワークライフバランスの向上

キャリア相談サービスでは、ストレス管理やワークライフバランスの改善に関するアドバイスやツールが提供されます。なんとなく仕事がつらい、家庭との両立ができていない気がするなど、悩みやストレスがあるのに原因がはっきりしていない人こそキャリア相談を使用するのがおすすめです。

ママ会社員はカウンセラーとともにストレスの原因を明確にし、効果的なストレス対処法を学ぶことで心身の健康を維持することができます。今あるストレスとうまく付き合えるようになるだけで、イライラしたり不安になる時間が減り、ワークライフバランスの質が向上します。

4.モチベーションの維持とキャリア成長の促進

キャリア相談サービスでは、仕事に対するモチベーションの維持やキャリア成長の促進に向けたサポートをしています。

目標がない中で仕事で業務を続けていたり、家庭との両立で忙殺されて仕事に対するモチベーションが保てなくなっているママ会社員こそ、キャリア相談を通して自己成長を促進し、キャリアの次の段階に進むための具体的なアクションプランを立てることができます。

自分だけの目標やキャリアプランを持つことで、家事や育児との両立が忙しいなかでもその目標に向かって努力したり、前向きに仕事に取り組んだりするきっかけになります。行動を起こすことはキャリア成長にもつながり、つらいと感じていた仕事も好転するはずです。

ママ会社員の悩みに寄り添い、最適なキャリアプランを立てるならミートキャリア

ミートキャリアは、仕事と家庭の両立に奮闘し、育児にも取り組んでいる女性会社員のキャリア相談、キャリア支援を積極的に行っています。

ミートキャリアの利用者は30〜40代前半の女性が多く、子育てなどのライフイベントも含めた今後のキャリア相談をされる方が多くいらっしゃいます。仕事と家庭の両立を前提にライフプランやキャリアプランを相談できるので、自分の希望や本当にやりたいことに焦点を当てたキャリア形成が可能です。

まずはミートキャリアの無料カウンセリングを受けてみよう

ミートキャリアでは自己分析〜面接対策までサポートを受けられるため、プロと一緒に戦略的に転職活動を進めることができます。

以下のようなことで悩んでいる方、下のボタンからLINE公式アカウントを追加して、無料カウンセリングへお越しください!
✅ 転職するか現職で頑張るか悩んでいる
✅ 書類や面接が通らず、転職活動の進め方で悩んでいる
✅ 自分に合ったキャリアプランが立てられない

ママ会社員の「仕事がつらい」にさようなら。解決方法6つをお伝えします

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

エンタメ全般が好きなライター。ドラマや映画、アニメなど日本の作品以外に、色々な国の作品も鑑賞。ライターと並行して会社員としても働いていたが、2023年に目標にしていた海外での生活を実現。就職や転職など今後の生活が気になりながらも、数年間は日本と海外での生活を楽しむのが目標。

目次