時短勤務での転職。ズバリ成功させるポイントとは?

時短勤務での転職。ズバリ成功させるポイントとは?

仕事とプライベートとの両立はどんな人も苦労する部分です。そのなかでも育児や介護、自分の体調との兼ね合いなど、働くひとによっては時短勤務を必要とする場合もあるでしょう。

そんな中で転職を希望し、転職活動を成功させるのは簡単ではありません。しかし工夫次第で希望が叶えられる可能性も十分にあります。今回は、時短勤務での転職を成功させるポイントについてお伝えします。

目次

時短勤務での転職は可能?

時短勤務を希望する人が転職したいと考えたとき、フルタイムの人に比べると採用は難関です。企業は会社に最大限貢献してくれる人材を獲得するので、最初から時短勤務を希望している場合、必然的に採用のハードルは高くなります。

しかし仕事とプライベートの両立を考えたときに時短勤務が必要で、それでも転職にも挑戦してみたいという人もいるはず。時短勤務の転職が不可能というわけではありませんので、工夫次第で成功できると前向きにとらえて取り組んでみましょう。

知っておきたい時短勤務の制度、情報

時短勤務の制度とは、1日の所定労働時間が原則として6時間とされ、通常よりも短縮した時間で勤務する契約のことをいいます。育児や介護との両立が必要な場合や、働く本人の体調などプライベートとの両立がしやすいことがメリットです。

時短勤務で働く人にとっては、プライベートの時間も大切にしながらキャリアを継続させることができ、会社にとっては貴重な人材の離職を防止することにつながります。

時短勤務での転職を成功させるポイント

ここからは時短勤務の転職を成功させるポイントについてお伝えします。

企業の下調べは入念に

企業についての下調べはより一層注意深く行なう必要があります。転職においては企業研究や業界研究も欠かせませんが、時短勤務を希望する転職活動では、会社の募集要項をしっかり読み込むことが何より大切です。

企業の考え方や契約方法によっては、時短勤務を認めている範囲や、実際に時短勤務を希望する場合の申請フローが違うこともあります。せっかく選考に進んでも時短勤務ができない会社であれば本末転倒ですので、最初の下調べこそ入念に行なうのがポイントです。

時短勤務の相談は面接の段階で

転職後、時短勤務でしか働けないという人こそ、採用面接の時点で事前に企業に意志を伝え、確認をしておきましょう。正式に採用されて、いざ入社となった段階で伝えるのは後出しになってしまいます。後から希望を伝えても受け入れてもらえない可能性も高いです。

時短勤務を希望していることが、転職に不利になると考えて隠しておきたい気持ちもあるかもしれませんが、採用後に気分よく時短勤務ができ、自分自身が働きやすい環境のためにも事前に企業側に伝えて相談しておくべきです。

時短勤務希望の伝え方は入念に準備

時短勤務の希望は事前に伝えておくべきですが、その伝え方もひと工夫あると良いでしょう。たとえば「〜時までしか働けません!」など、限定的で押し付けるような伝え方になると企業にも良い印象を与えません。

もちろん出来ないことを「出来る」と言ってしまうのはルール違反ですが、採用する側がどのように受け取るか、考えたうえで特に丁寧な言葉遣いを選ぶことが大切です。

時短勤務を希望する理由についても説明できるよう自分の状況を整理し、練習しておきましょう。

スキルや能力をアピール

どんな転職活動においてもスキルや能力のアピールは大切ですが、自分が持つスキルや能力を企業側に知ってもらい、時短勤務であること以上に技術を魅力的に感じてもらうことで好印象を与えることができるでしょう。

フルタイムの人よりも勤務時間が短くなる分、効率的に作業ができる、人より短い時間で人と同等かそれ以上の能力が発揮できるなどのアピールポイントがあるとより手応えが得られるかもしれません。

協調性を見せる

会社の規則上では時短勤務の許可を得られても、周囲の同僚や上司からの理解が得られない場合も考えられます。そのため、協調性を持って働ける人材かどうかを判断されることも多いです。

トラブルがあった場合など、勤務中に業務が終わらないときに同僚へ引き継ぎができるか、必要な場面で助け合いができる人材か、周囲の人と良好な人間関係が築けるか、採用側も注目しています。

時短勤務を希望する転職こそキャリアカウンセリングを利用しよう

時短勤務を希望しながら転職活動をするのは、条件が限られているからこそ、着実に応募する企業を選んだり、面接対策をしたりする必要があります。そんなときこそ利用したいのがキャリアカウンセリングです。

転職活動の過程をフォローしてもらうことができ、カウンセラーからアドバイスや情報をもらいながら進めることで、迷いなく希望に沿った転職活動を続けることができるでしょう。時短勤務での転職はハードルが高い事実があるからこそ、プロと二人三脚で転職活動を進められると心強いはずです。

まずはミートキャリアの無料カウンセリングを受けてみよう

ここまでお伝えしたとおり、時短勤務で転職を希望しながら企業からの採用を得るのは、決して簡単ではありません。
キャリアカウンセリングを利用して、時短勤務での転職のコツや一人ひとりに合わせたアドバイスがあることで着実に転職活動を進められるでしょう。

ミートキャリアでは自己分析〜面接対策までサポートを受けられるため、プロと一緒に戦略的に転職活動を進めることができます。

以下のようなことで悩んでいる方、下のボタンからLINE公式アカウントを追加して、無料カウンセリングへお越しください!
✅ 転職するか現職で頑張るか悩んでいる
✅ 書類や面接が通らず、転職活動の進め方で悩んでいる
✅ 自分に合ったキャリアプランが立てられない

時短勤務での転職。ズバリ成功させるポイントとは?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

エンタメ全般が好きなライター。ドラマや映画、アニメなど日本の作品以外に、色々な国の作品も鑑賞。ライターと並行して会社員としても働いていたが、2023年に目標にしていた海外での生活を実現。就職や転職など今後の生活が気になりながらも、数年間は日本と海外での生活を楽しむのが目標。

目次