働きながら?辞めてから?転職活動のタイミングの見極め方を解説

転職活動を始めてみようとは思うものの、働きながら進めるのが良いのか、現職を辞めてから進めるのが良いのか、迷う方も多いのではないでしょうか。

この記事は転職活動をいつ行うのが良いのか、そんなタイミングの見極め方を解説します。

目次

転職活動のタイミングを迷う原因

転職活動のタイミングを迷ってしまう原因はどのようなものがあるのでしょうか。3つのポイントを解説します。

転職市場の動向がわかり辛いため

経済や業界の動向は、求人の量や質といった転職市場の状況に影響します。これにより転職のチャンスが大きく変わります。

一般的には成長が著しい業界や希少性の高い職種には需要があるため、その分報酬が高くなることが多いです。また近年の傾向だと、各社のDX化が進んだことで、プログラマーなどいわゆるエンジニアの需要が増大し、エンジニアの平均年収が上がっています。

良いタイミングで転職活動を進めるには市場のトレンドを継続的に観察し、自分のスキルや経験がどのように評価されるかを理解することが重要であるため、市場の状況変化は転職活動のタイミングを迷う要因の一つになります。

今の職場での責任と新しい職場への不安があるため

人は本能的に今いる環境に安心感を覚え、未知の環境に対しては不安を覚えるものです。

また給与や福利厚生など、現職にメリットや恵まれていると感じることがひとつでもある場合、それらを手放すことが惜しく思えてしまい、失敗したくない思いが強くなりがちです。

現職では責任ある立場や重要なプロジェクトを任されている人も、新しい職場では再び自分の価値を証明する必要があることから、転職活動を迷う原因になります。

時間・経済面に不安があるため

転職活動には時間がかかり、経済的に不安になることが多いです。一般的に転職活動は3ヶ月から6ヶ月かかると言われています。

働きながら転職活動をする場合、時間管理が難しく、現職を辞めてからの転職活動は収入が途絶える可能性があります。このような不安は、特に子育て中や家計に不安がある人にとって、転職のタイミングを迷う大きな要因となります。

働きながらの転職活動のメリットとデメリット

では転職活動を働きながら進める場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリットは経済的な安定と交渉時の強さ

現職で働きながら転職活動する場合、経済的な安定を保ちつつ、交渉の場で有利に立てる点は大きなメリットです。

経済的な安定性は転職活動中の精神的なプレッシャーを減少させるため、より良い条件の案件を探す余裕を持つことができます。また、現職があることで、面接や条件交渉で自信を持って交渉できるため、希望する条件を引き出しやすくなる点も、働きながら転職活動をするメリットです。

デメリットは時間管理の難しさと現職のパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があること

転職活動にはある程度の時間がかかるため、必要な時間を確保するためには、現職の仕事をある程度セーブするなどバランスを取ることが必要です。

また、現職の仕事への集中力が散ってしまい、現職でのパフォーマンスが低下する可能性がある点も、働きながら転職活動するデメリットです。

辞めてからの転職活動のメリットとデメリット

では現職を辞めてから転職活動を進める場合、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリットは精神的にリフレッシュできることと転職活動に専念できること

退職後の転職活動であれば、精神的なリフレッシュと、転職活動に全力を注げるメリットがあります。

仕事のストレスから解放され、精神的な健康を回復できるので、新たな視点を得られる可能性があります。さらに、転職活動に専念できるため、広範囲にわたる職探しが可能となり、面接の準備や業界研究にもじっくり時間をかけることができます。これにより、転職活動の質を高めることが可能です。

デメリットは経済面での不安とブランク期間に関する説明が発生しうること

退職後の転職活動には経済的な不安とブランク期間に対する説明の可能性がある点がデメリットです。

収入が途絶えることによる変化は、ストレスの原因になり得ます。また、転職活動期間中のブランクは、なぜその期間が発生したのかを面接時に説明する必要があり、企業によってはブランクをネガティブに捉えられるリスクがあります。これらの要素で、転職活動が困難になる可能性も否定できません。

転職活動のタイミングを見極める方法

では、転職活動のタイミングを見極めるにはどのような点がポイントになるのでしょうか。3点紹介します。

自分のキャリア目標と市場の状況から判断する

自分のキャリアプランと現在の業界トレンドや求人市場の動向を把握しておくことで、今は転職のするべきかどうかを判断できます。このアプローチにより、自分のスキルや経験が求められているタイミングで転職活動を開始することが可能になり、転職成功の確率を高めることができます。

現職で成長できるかどうか判断する

自分が今いる環境で成長し続けることができるかどうかを評価することで、転職の必要性を見極めることができます。成長の機会が限られていたり、キャリアの進歩が停滞していると感じた場合は、転職活動を始める良いタイミングです。

個人のライフイベントとマッチするか判断する

結婚、家族の誕生、引越しなどのライフイベントは、キャリアの方向性を見直すよい機会です。このようなライフイベントは、新しい仕事への転職を通じて、働き方や生活の質を改善するきっかけになります。

転職活動の成功に必要なスキルと戦略

では、転職活動を成功させるにはどのようなスキルや戦略が必要となるのでしょうか。

市場のリサーチ能力

業界のトレンド、求人市場の状況、企業文化、そしてポジションに求められることを深く理解することが、自身を市場に適した候補者としてアピールするためには重要です。

適切なリサーチを行うことで、自分のスキルセットがどう市場にフィットするのかを把握し、有効な転職戦略を立てることができます。このスキルは、自分の価値を最大化し、競争が激しい転職市場で目立つための鍵となります。

履歴書と職務経歴書の作成スキル

履歴書や職務経歴書は、転職先の企業に自身をアピールする最初のチャンスです。個人の経験、スキル、成果を効果的に伝えることができるかどうかが、面接への門戸を開く鍵となります。

明確で簡潔、かつ説得力のある履歴書や職務経歴書を作成できる能力は、多くの応募者の中から自己を際立たせ、転職活動を成功へと導く重要な要素です。

面接スキル

面接では自己紹介、経験やスキルの明瞭な伝達、質問への的確な回答が求められます。このスキルは、応募者が自信を持って自分自身を表現し、ポジティブな印象を残すために不可欠です。

高い面接スキルにより、転職先との相互理解を深め、自分がそのポジションに最適な候補であることを説得力を持って伝えることが可能になります。

正しい転職活動の方法と成功事例

効率的に転職活動したことで、転職に成功されたミートキャリアのユーザー様の事例をご紹介します。

16社受けて不採用だった私がついに内定獲得!

キャリアのイメージが整理できないまま転職活動をした結果を反省したM.Hさん。

その後ミートキャリアで丁寧な自己分析と企業研究を経て、転職活動を再開した後、すぐにピッタリの企業に出会い、そのまま内定獲得しました!

ミーキャリマガジン
404: ページが見つかりませんでした | ミーキャリマガジン ミーキャリマガジンは、パーソナルキャリア支援サービス「ミートキャリア」が運営する、“キャリアに悩む人を減らす”ためのオウンドメディアです

100社応募が通らなかった状況から転職成功!

自己理解が不十分なまま転職活動していたため、ミスマッチを感じていたR.Nさん。

自己分析を通して、「自分が本当に望んでいること」「それを叶える適切な方法」を見直したことで、活動再開後2か月希望の仕事への転職が叶いました!

ミーキャリマガジン
404: ページが見つかりませんでした | ミーキャリマガジン ミーキャリマガジンは、パーソナルキャリア支援サービス「ミートキャリア」が運営する、“キャリアに悩む人を減らす”ためのオウンドメディアです

まずはミートキャリアの無料カウンセリングを受けてみよう

転職活動のタイミングに悩む方にはミートキャリアがおすすめです。ミートキャリアは中立的な立場から転職活動のタイミングに関するアドバイス、また履歴書や職務経歴書の作成も伴走するオンライン型のカウンセリングサービスです。ぜひお気軽にご相談ください。

働きながら、辞めてから、いつ転職活動をしようかな。。?そんなお悩みをお持ちでしたらミートキャリアの無料カウンセリングを利用してみませんか?

ミートキャリアでは自己分析〜面接対策までサポートを受けられるため、プロと一緒に戦略的に転職活動を進めることができます。

以下のようなことで悩んでいる方、下のボタンからLINE公式アカウントを追加して、無料カウンセリングへお越しください!
✅ 転職するか現職で頑張るか悩んでいる
✅ 書類や面接が通らず、転職活動の進め方で悩んでいる
✅ 自分に合ったキャリアプランが立てられない

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ITコンサルタント・営業として働くミドサーのワーキングマザー。化学メーカーへ研究職として入社するが、コロナ禍の出社を前提とした働き方に疑問を覚え、ITベンチャー企業へバックオフィスとしてフルリモート転職、その後学び直しプログラム・転職を経て現在へ至る。
趣味はヨガとVoicyを聴くこと、美味しいお寿司のお店探し。

目次